« だから僕は、Hができない。・第1話 | Start | 恋と選挙とチョコレート・第2話 »

貧乏神が!・第2話

第1話で他所からふってわいたキャラは転校して来るし何故か同居する、そんな法則には神と言えども逆らえません。

と言う事で市子の通う「仏女津(ぶつめつ)市立泰庵(たいあん)高校」(凄い名前だな)の1年A組に転校して来た紅葉。神様のやる事なので転校手続きはいくらでもねじ込めます。
参考資料

紅葉が学校に来る様になってしまって、それまで仮面を被っていた市子は地をさらけ出す羽目になる。と言うか、あれが地って言うのもどんなものか。

それにしても神様の力なのか、制服が違っても、体育の時のウェアが違っても、誰も何も言わない。まあ転校したばかりの時は間に合いませんでしたってのがあるが、それにしてもソフトボールに特化した様なウェアはどんなものか。

ところで紅葉のちょっかいって、既に市子の幸福エナジーを吸い取ると言うよりも、市子を亡き者にしようとしていないか? と言うか、他の生徒も巻き添えだろ、爆弾とか。

学校で酷い目に遭って、家に戻ってみれば今度はクローゼットの中から紅葉の声が聞こえてくる。おそるおそる開けてみると、クローゼットの中に異空間を作って紅葉が住み込んでいた。

困り果てた所に、帰りがけに足蹴にした僧侶が力を貸してくれた。貧乏神に対抗する道具として蘇民将来を市子に授け、その上に巫女服を元にしたコスチュームまで。
参考資料
巫女の姿と赤と白の部分しか合ってねー。

紅葉に鼻で笑われた市子だが、流石に紅葉の負のエナジーよりも大きな幸福エナジーを持つ市子だけあって、具現化した神獣が紅葉を追い詰める。

紅葉も対抗して落ち武者の亡霊を出したが、こっちは紅葉の性格を受け継いでやる気が無い。結局市子が押し勝って紅葉を家から追い出す。紅葉はまたも荒川アンダー・ザ・ブリッジの生活へ。

せっかく紅葉を追い出したと思ったのに、市子のマンションには後に残った神獣やら落ち武者の亡霊やらが充満。しかもそこにしらっと紅葉が帰って来るし。

同居人も問題だが、物理的に破壊されたと思われるマンションはどうすんだ。


それにしてもドラえもんやガンダムは有名だとして、ロザバンまでパロディ対象になるとはなあ
参考資料

|

« だから僕は、Hができない。・第1話 | Start | 恋と選挙とチョコレート・第2話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/55181524

Folgende Weblogs beziehen sich auf 貧乏神が!・第2話:

« だから僕は、Hができない。・第1話 | Start | 恋と選挙とチョコレート・第2話 »