« 舞台探訪・じょしらくのOPの階段のモデルとなった夕やけだんだん | Start | ココロコネクト・第4話 »

舞台探訪・戦国コレクション・第17話・三鷹編

今回の話は劉備ちゃんです。
って、劉備のどこが戦国時代だ。中国史の戦国時代ですらないじゃないか。

分かりやすいモニュメントが出て来たので、ぐぐって三鷹だと判明。
参考資料
参考資料
背景が全然違いますがな。

おかげで後期EDの最上義光の次に登場するのが劉備で、背景が三鷹だと分かる。
参考資料
参考資料
写真の方は何でこんなに幅広く収めたかと言うと、人間萬歳の碑の後ろのビルは実際には3スパンあるのが1スパンに減らされて幅が圧縮され、高さも3階に減らされている。そうやって縮めると左右にある建物が戦国コレクションのEDのやはり左右に見えている建物と似ているのが分かります。もの凄いアレンジですねw

武者小路実篤は読んでいないので分からないが、三鷹には一時期住んでいたらしい。人間萬歳はそれを記念した碑らしい。

さて、劉備ちゃんの所属する女鷹家政婦派遣事務所。
参考資料
参考資料
これです。

その昔、アニメ制作会社のビル一覧と言うのが2ちゃんねるで話題になって、その時に沢山のアニメ制作会社のビルの写真が載ったのですが、かすかな記憶でこんな感じのビルがあった様な気がしました。と言う事で、この第17話の制作はどこかとクレジットを見たらBrain's Baseです。会社のサイトを見ると住所は三鷹市下連雀で、なるほど、三鷹です。と言う事で見てみたらまさにブレインズ・ベースの入っているビルでした。


私も劉備ちゃんに「明日も来ます」と置き手紙されたい。
参考資料


三鷹は大きな商店街でありながら、それでいて人間スケールに合った昔ながらの雰囲気が残っているいい街ですね。

|

« 舞台探訪・じょしらくのOPの階段のモデルとなった夕やけだんだん | Start | ココロコネクト・第4話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/55301464

Folgende Weblogs beziehen sich auf 舞台探訪・戦国コレクション・第17話・三鷹編:

« 舞台探訪・じょしらくのOPの階段のモデルとなった夕やけだんだん | Start | ココロコネクト・第4話 »