« ソードアート・オンライン・第1話 | Start | 織田信奈の野望・第1話 »

ココロコネクト・第1話

いきなりGoogleアースw
どこだろうここ。とまれ、ある家に接近して、そこから始まる。しかし自家用車多いなあ。その家には駐車場は無いけど。朝の風景なのだが、その中で奇妙な様子の二人がいる。タイトルがタイトルだし、何かあったかと思われたが、あの女の子(後から唯と分かる)の部屋が妙に散らかっていたのは気になった。それも後から分かる。

OPでリアル感溢れる場所が出てくる。おそらくどこかモデルがあるのだろうなと思ったが、観覧車のあるビルを見て、一度だけ車で連れて行って貰った横浜地下鉄のセンター北か南のどっちかだろうとぐぐったら、センター北だった。それで朝は「ちぃ、特定した」とつぶやいたのだが、午後になってぐぐってみたら、その時には既に聖地巡礼して2ちゃんに写真のURLを貼った強者が居た(→【ココロコネクト】 聖地巡礼した人が早速登場!行動力パネェ・・・ : ヲタク速報)。午前07:29とか、地元民にはかなわんなw

様々な理由で文化研究部に集まった5人。それにしてもそれを略して「ぶんけんぶ」って言うのか。「ぶんけん」で良さそうな気がするが。げんしけんみたいに。

その文研部で青木義文が桐山唯との入れ替わりの話を切り出す。が、ふりの割にボケがつまらんと稲葉姫子によって脳天唐竹割。
参考資料

話がごたついた所で急に永瀬伊織が教室に忘れたノートを取りに出る。ここの気配りってのがよく分からなかった。ともかk、伊織が教室に行ったのだが、ここで今度は八重樫太一と伊織が入れ替わり。

異変に気がついた太一だが、おまえ、異変に気がついて一番にやる事が胸をもむ事かよ!さっき迄の義文と唯の入れ替わりの話があったのだから自分も誰か分からないまでも入れ替わりがあったと思って、どうするか悩まんのか。もっとも、その後藤島麻衣子に「永瀬さん」と言われるまで自分が入れ替わった先が伊織と分からなかったので、入れ替わりにまで思い至らなかったか。

そこにすっ飛んできた太一(中身は伊織)が後藤から引き離そうとするが、後藤が粘った為に実力行使。
参考資料
これはひどいw
形の上では太一が後藤にセクハラ行為をした事になるんだぞw

さて、そんな訳で今度は太一と伊織が入れ替わり。しかも目の前で起きている事なので、流石の姫子も事情をそのまま飲み込まざるを得ない。伊織の中の太一がつっこみをいれて、うっかり物理攻撃をかけそうになった所で外側の伊織を見て緊急停止する姫子。
参考資料
ワロタw

そうこうするうちにまた元に戻った太一と伊織。

これでこの一日は終わるのだが、人格入れ替わりは普通は何話か話を積み上げた後にネタ話としてやるものだが、いきなり第1話でメインに据えると言う事はこれがこの作品の肝になるのだろうか。かと言って、入れ替わりだけで話を続けるのはかなり無理がある。今後どうなるか期待。それを見せる話自体はなかなか面白いから。何しろ、今期ここまで放送された新作アニメの中で一番雰囲気が気に入った。

|

« ソードアート・オンライン・第1話 | Start | 織田信奈の野望・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/55150366

Folgende Weblogs beziehen sich auf ココロコネクト・第1話:

« ソードアート・オンライン・第1話 | Start | 織田信奈の野望・第1話 »