« めだかボックス・第10箱 | Start | 坂道のアポロン・第9話で登場した国鉄の20系寝台特急さくら »

さんかれあ・第10話

やっとメインの話の流れに戻った。
・・・と思ったら、今度は亜里亜の過去話か。まあ礼弥の過去にダイレクトに関係するから仕方あるまい。但しまたかと思っちゃう以上、シリーズ構成があまり良くなかったかもね。

散華家に拉致監禁された千紘。丁寧なお迎えを受け、ウェルカムドリンクまで出して貰える。とは言っても束縛されたまま何も出来ないけど。そしてそこにやって来たのが亜里亜。千紘が礼弥の実母と勘違いしてるので、礼弥は自分の子供じゃないと言う話をしつつ、自分語りを始めた。

これ迄放送された話から亜里亜が後妻だと言うのは見てて分かったが、話を聞くと亜里亜も気の毒な境遇だ。散華家のメイドは当主の嫁候補。選ばれた家柄の娘が従事する。だが団一郎はどのメイドにも興味を示さなかった。そんな中で亜里亜は他のメイド達よりは団一郎の側に立てる様にはなったが、それでもそこ止まり。

そんな折りにフェンシング大会の時に団一郎の心を射止めた子が居た。「子」が。
参考資料
15歳のどこの馬の骨とも知らぬ娘だそうだ。

周囲の猛反対を黙らせて団一郎はその子と結婚。しかし礼弥が生まれてまもなく亡くなってしまった。つまり15歳の女の子と結婚して子供作った訳ですね。まあ親が認めたら問題ない訳だし、親もあの散華家のご当主様ならこれは良縁と思った事だろう。それに多分礼弥母が長くは生きられないと予感して幸せな人生を送って欲しかったのかもしれない。親心としては納得出来る。

但し、団一郎があんな変態でないとして。

ところが団一郎は礼弥母に固執するあまりに亡くなった後は廃人の様になってしまう。それを一生懸命看病したのが亜里亜だ。その甲斐あって復活した団一郎だが、今度は礼弥に母の面影を追って礼弥に固執してしまう。その度合いは既に見たとおり。

ある日その固執度合いを見た亜里亜は絶望して今に至る。
全ての元凶は団一郎に尽きるな。

ひととおりの話をした後で、亜里亜は酔った勢いで千紘に迫るが、千紘は生粋のゾンビヲタク。そんな誘惑には反応しませんw
参考資料

次に千紘は元凶の「団一郎様」の所に連れていかれるが、団一郎は千紘のおかげで自分が礼弥をどれだけ思っているのか再確認出来た事は感謝するが、


「私は貴様を許さない!!」
参考資料

とどこかのめだかボックスみたいな事になる。

|

« めだかボックス・第10箱 | Start | 坂道のアポロン・第9話で登場した国鉄の20系寝台特急さくら »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/54913476

Folgende Weblogs beziehen sich auf さんかれあ・第10話:

» (アニメ感想) さんかれあ 第10話 「強い…思い…」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・鳴沢楓 Above your hand(2012/05/23)Annabel商品詳細を見る さらわれた千紘が連れていかれたのは散華家だった。千紘を出迎えたのは妖艶な美女――礼弥の母、亞里亞だ。 しかし亞里亞はゾンビに...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 13. Juni 12 um 17:12

« めだかボックス・第10箱 | Start | 坂道のアポロン・第9話で登場した国鉄の20系寝台特急さくら »