« ヨルムンガンド・第7話 | Start | さんかれあ・第8話 »

めだかボックス・第8箱

学園の治安維持を担う風紀委員は独立機関。そんな訳で生徒会の影響を受けない。その風紀委員の中で一年生の鬼瀬針音は今日も張り切って風紀の乱れを正す。

って、今迄制服のチェックどうしてたんだよ。てっきり野放しなのかと思ってた。

だから鬼瀬が生徒会室に乗り込んで来た時に指摘した善吉のジャージ制服もめだかと高貴の露出過多制服も何とも思っていなかった。特に高貴の場合は胸のボタンをかけてないだけだからなあ。そしてもっと言いがかりなのはもがなの競泳水着で、制服の下の見えない部分に何着ててもいいじゃん。
参考資料

言う事を聞かないめだかの制服を何とかしようと鬼瀬は偽の投書をでっちあげて服を脱がせようとする。目安箱に入るべき投書が何故か風紀委員の所に来ていたとか。なんでそれをそのまま目安箱に入れなかったんだ?と思ったが、匿名で投書しては「プールに落ちた物」を届ける先が特定出来ないか。

とは言ってもバレバレの投書に善吉も気がついている訳ではあるが、めだかはそんな事を疑うそぶりも見せず、急がないといけないと言う鬼瀬の言葉に従って制服のまま汚れたプールの中へ。自分のしでかした事に気がついた。自分も制服のままプールに入って落とした「良心」を拾う。とは言っても、鬼瀬にとってはこの制服は現時点での一張羅なのに対してめだかは同じのが8着あるそうだがw

そんな訳で胸開きのめだか制服を着る事になってしまった鬼瀬。
参考資料
半袖の「人間、どのレベルの悪事を働けばあそこまでの天罰を受ける羽目になる訳?」ワロタ


鬼瀬の追及は半袖にも及ぶ。校内で飲食していた半袖を摘発しようとするが、半袖に手元のドーナツを一気食いされて証拠を隠滅される。て言うか、校内で食べちゃだめなのか。授業中でもあるまいし。

半袖に実力行使しようとしたのを善吉が盾になるが、それを半袖が突き飛ばして逃げてしまう。この時は単なるらっきーすけべかと思ったら、手錠が鬼瀬と善吉にかかってしまった。どうやったらそんな事になるんだと思うが、それにも増して何で鍵持ってないんだ鬼瀬は。

風紀委員の部屋なら鍵があるだろうと手錠で繋がったまま鬼瀬と善吉は風紀委員の部屋へ。一応「同行」と言うが、あの姿じゃどう見ても善吉が連行されている。

それを見かけためだかが外してやろうと言ったものの、もう一個の手錠を今度は善吉とめだかの間にかけてしまった為に(多分、手の自由がきかなくなって)外せなくなってしまう。もう仕方ないので三人で鍵のありそうな風紀委員の部屋へ向かうが、途中で色々気が散るめだかに引きずられる鬼瀬。しかし、それは、自分のやって来た事による生徒の反応とはまるで別物の反応があった。

とは言ってもそう言う生徒ばかりな訳ではなくて、鬼瀬にもめだかにも恨みを持っている「木金」コンビが手の自由のきかない状況を狙って襲いかかって来る。

いやあ、雑魚キャラじゃたとえ手が封じられていてもめだかと善吉には敵わないな。
参考資料
めだか、金属バットを砕いちゃうし。

今回だけで随分と鬼瀬はめだかの事を見る目が変わった様な気がする。
但し、良い方にも悪い方にもw

|

« ヨルムンガンド・第7話 | Start | さんかれあ・第8話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/54790552

Folgende Weblogs beziehen sich auf めだかボックス・第8箱:

« ヨルムンガンド・第7話 | Start | さんかれあ・第8話 »