« アクセル・ワールド・第6話 | Start | 氷菓・第4話 »

モーレツ宇宙海賊・第19話

前回の予告で「未曾有の危機」とか言っていたからきっと大したことないんだろうと思っていたが(をいw)、終わってみれば大した事態には至らなかったものの、あれ、拾われていなかったら本当に未曾有の危機だったね。

大仕事を終えて惚け気味の茉莉香。今はもう単に眠りたいだけの雰囲気。それでも中継ステーションに行って停泊中のヨット部のオデットII世号を掃除したり、そのついでに弁天丸の掃除をしたり。しかし、ヨット部の連中、弁天丸の掃除をしないで下船したのか。それはちょっとマナーがなっとらんのじゃないのか。

そうこうしているうちにシャトルの時間に間に合わなくなりそうになって慌てて戻る茉莉香。慌てすぎたので出入り口のマスターロックをかけて来るのを忘れる。まあいいや出入り口のロックがかかってなくてもシステムのマスターロックがかかっていれば、と眠っちゃう茉莉香だが、いいのか、不審者に中に入られても。いくらシステム起動出来ない状態とは言え。
参考資料

そしてまた次の日、オデットII世号の大掃除二日目。お疲れの茉莉香は今日も眠い。ぼーっとしていたせいで躓いて、ポケットの中のリングがこぼれ落ちる。あー、こりゃまずいよね。これで無くなったら本当に未曾有の危機。ところが漂流するリングを拾う者あり。話の流れからこれはきっとグリュンヒルデの手なんだろうなと。

この日もついでに弁天丸に行って相似をする茉莉香。昨日出入り口のマスターロックをしていなかったせいで、開いている。だからリングは使わない。そう、本当はもうとっくにリングを落としているのに昨日ロックし忘れたせいで、この段階では気がつかない。

と思ったのだが、茉莉香、この日も出入り口のマスターロックしなかったのか。ロックしようとしたらその時点で気がついたと思うのだが、昨日あれで良かったから面倒なんで(どれだけ面倒なんだ)しなかったと解釈すればいいのか。ここでロックしようとするとリングが無い事にこの時点で気がつくのだが。

そしてさらに次の日。学校で電話がなってミーサの緊急呼び出しを受ける。システムのマスターロックがかかっているから起動が出来ない。すぐにロック解除しろと言われて制服のポケットを探すものの、リングはない。そう言えばヨット部のパーカーで掃除に来ていたとパーカーを探すが、そっちにもない。

どこかで落とした!と漸くここで気がつく。

そんな訳で未曾有の危機発生。弁天丸が使えなくなったら海賊廃業じゃん。
参考資料

ところがすにグリュンヒルデから通信が入って「お困りの様ですわね」と。ヨット部のみんなとやって来たグリュンヒルデが弁天丸起動。未曾有の危機、短かったなw

船長室に残った茉莉香、机に何気なくリングを置いたらディレクトリ一覧が表示されて、その中に「加藤家」と言うのがあった。中には「ポトフの美味しい作り方」と言うレシピが。これが船長にもたらされる秘伝か。
参考資料


しかし、何か流れがおかしいな。

1日目
オデットII世掃除
弁天丸の出入り口のマスターロック解除して入る
重力制御などを行って掃除
出入り口のマスターロックをせずに下船

2日目
オデットII世掃除
リング落とす
弁天丸の出入り口は開いている
重力制御して掃除してなかった?少なくとも照明は点いていた(←これはリング無しでどうしたんだ)
出入り口のマスターロックをせずに下船

3日目
学校でミーサから呼び出し
弁天丸の出入り口は開いているが、照明も重力制御装置も動いていない。(そりゃ、リング無いんで)
クーリエ「話を総合すると船長が最後にマスターロックをしたのは昨日ね」(←いや、昨日は既にリングを持ってません)

|

« アクセル・ワールド・第6話 | Start | 氷菓・第4話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/54703030

Folgende Weblogs beziehen sich auf モーレツ宇宙海賊・第19話:

« アクセル・ワールド・第6話 | Start | 氷菓・第4話 »