« めだかボックス・第5箱 | Start | 舞台探訪・とある科学の超電磁砲・立川編 »

さんかれあ・第5話

死後硬直が始まった礼弥を何とかしなくてはならないと思案する千紘。エアコンを入れて室温を20℃にセットするが、まあ冷房しないよりはマシな程度だろう。それより毛布をかけるのは意味ないと思う、あ、見ちゃわない為かw

幸いこの日は休日で降谷家では家族総出で寺院の掃除。千紘はこんな事している場合ではないと言うが、学校に行って手がかり無く時間が過ぎるよりは良かったろう。なんと言ってもじいさんの意外な言葉を聞けた。

「”さだ”もばぶーも蘇りおったんじゃ。わしの作った蘇生丸はもっと世に評価されるべきじゃ」と。

すぐに聞き直した千紘だが、じいさんはぼけてるのかすっとぼけているのかそんな事言ったか?とそれ以上は何も言わない。万が一蘇生丸を作った、そして成功したとしてもこのじいさんからこれ以上有効な情報を聞き出せるだろうか。今回は役に立たなくても、後日礼弥がまた危機的状態になった時の隠し球になるのだろうか。

それにしてもばーぶがあの様にぴんぴんしているのだから、ばーぶが食べていたあの紫陽花の葉にすぐに連想が行きそうな気がするが、千紘はなかなかそこに気がつかないな。少なくともばーぶはどうして大丈夫なんだろう位までは今回の話で辿り着けそうな気がしたのに。

そんなぼやぼやしている所に蘭子がやって来た。ついでだとか弟の様子を見る義務があるとか言ってるが、もう、けなげすぎてこのままアレ系のアニメになってもおかしくないw
参考資料

千紘は掃除が残っていたので、そのまま別れて帰った筈の蘭子だったが、新しくゾンビ物のDVDを借りて行こうなどと勝手知ったる千紘の部屋に単独で行ったものだからとうとう礼弥の件が露見する。しかもかなり危ない形で。

千紘の部屋でながーい髪の毛を発見した蘭子。これって千紘のじゃないよねと言うが、じゃあ萌路のじゃだめか?一応作品上は髪の毛の色が違う事にはなっているが、あの色はあの色でまたおかしいじゃないかw

そしてさっき千紘が礼弥を入れた押し入れの方に気がつく。そこには礼弥が…と思ったら居ない。と言う事は動き出したのだ。そして礼弥は居た。天井に。おお、流石ゾンビらしく怖い出現だな。どう天井に居られるのかしらないがw

そして蘭子に襲いかかる。さっきお腹がなっていただけに腹が減って千紘を噛む勢い。それにしてもまたぞろゾンビの生態がよく分からんのだが、あれって人間の身体が筋肉で鳴らしているとかじゃなくて、消化管のガスの移動で鳴ってるんだよね。そこら辺が死体のゾンビで起きるのか。

蘭子の悲鳴を聞いてヤバイ事が起きたとすぐに気がついた千紘。自分の部屋に駆けつけてみたら噛み殺されてゾンビ化した蘭子が…なんて事はなく、礼弥にぺろぺろ舐められていた。まずは味見してるのか。
参考資料
参考資料

なんとか蘭子から礼弥を引き離したと思ったら、今度は千紘の口を吸ってくる。そしてそのまま死の抱擁に至る勢いの礼弥。


次回予告を見ると礼弥が漸く元の表情になって紫陽花の葉を食べてるので何とかなりそうだが、そこまでをどうやって何とかするんだ。


ところで紫陽花の作画、3Dかな。
参考資料
他と動きが違う。

|

« めだかボックス・第5箱 | Start | 舞台探訪・とある科学の超電磁砲・立川編 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/54628446

Folgende Weblogs beziehen sich auf さんかれあ・第5話:

« めだかボックス・第5箱 | Start | 舞台探訪・とある科学の超電磁砲・立川編 »