« ヨルムンガンド・第6話 | Start | さんかれあ・第7話 »

めだかボックス・第7話

誰にでもこういうことするの?

生徒会室に善吉ともがなの二人だけ。おまえら両方とも普通に会話出来ないタイプだったのかよ!

善吉、生徒会室に入ってみたら、こんな所で着替えをしているもがなに定番の反応で殴られる。ここまでは善吉に非がないのだが、その後の言い合いでよくある罠に嵌る。生徒会室で着替えてる方が悪い、だけで止めておけばいいものを、見たくもない物を見せられたと言うのはもがなの個人属性の否定なのでそれは言ってはいけない。なんてのはもっと学習しないとダメか。

善吉の失礼な物言いをもがなは見られた件と合わせて750円で手を打つ。
参考資料
安!w
ちょっとお嬢さん、おじさんが1,000円あげるから見せてくれないかな、なんて世界が成り立つじゃないか。

気まずい雰囲気が流れる中、誰か来ないだろうかと言う電波をキャッチした小袖がやって来る。空気読めなさそうなヤツって言われるけど、ほどよい緩和剤じゃないか。もがなとめだかのちゅーの写真で場が和んだろw

そのちゅーで思い出したもがながめだかは誰にでもこういうことするの?と善吉に問う。小学校に入る前はそんな状態だったが、それは善吉が止めて、今では余程の相手じゃないとしないと言う。あれがめだかの友愛表現と聞いて、水泳部以外の友達を作らねばと焦ったもがながよりにもよってあれと同じ事を善吉にしようとする。

自分が何を言っているのか気づいてないのか、もがなw

そこにめだかと高貴が帰って来るのだが、ヤバイ場面に遭遇するんだろうと言うオチの予想は置いておいて、
参考資料
生徒会室の外はあんなに荒天なのに、廊下はこんなに好天か。
あの二人の気まずいオーラが嵐を呼んだのだな。


勝手でなければ!!

久しぶりに目安箱の案件。
海辺の女神を描こうと思っても、対象となる人物が浮かばない夕原一年生。ところで、今迄あまり気にしないで済ませていたが、箱庭学園は1組~9組が普通クラスで、10組が普通科の特待生、11組が体育科の特待生、そして夕原の居る12組が芸術科の特待生との事。だから1組で普通の生徒の善吉から見て夕原は違う次元の特待生となる。

つまり夕原はGA芸術科アートデザインクラスなんですね(違

それではモデルとして一肌脱ごうと言うめだかがあっさり水着姿になるが、めだかは既に完成美であって、それをそのまま模写しても自分の求めている絵とは違うと却下。では別の人材をと善吉は陸上部の有明を、高貴は柔道部の猫美を連れて来たが、やっぱり夕原は失格扱い。そこにやって来たもがなが金に釣られて引き受けるもやっぱり失格扱い。て言うか、やはりもがなは金で脱ぐんだw
参考資料

ここまで来たら夕原の求めているのはもう明らかで、関係者以外立ち入り禁止を破り捨てて入って来た小袖が夕原の芸術心をかき立てる。

未完成品で、完成美が自分の目に浮かぶモデルが欲しかったんだな。

|

« ヨルムンガンド・第6話 | Start | さんかれあ・第7話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/54734842

Folgende Weblogs beziehen sich auf めだかボックス・第7話:

« ヨルムンガンド・第6話 | Start | さんかれあ・第7話 »