« 二ノ宮知子・87CLOCKERS・第1巻 | Start | 京アニの新しいCM »

氷菓・第1話

今期最後の頼みの綱w氷菓の第1話がやっと放送。

始まってみるとちょっとハルヒの様な既視感があるのは京アニ制作だから仕方ないだろうか。シャフトが作ったらシャフトっぽい作風になるしね。

とは言っても主人公(と認識した)折木奉太郎が結構きょん風味。CVが杉田さんで無いにしても声質が割合近い中村悠一さんだし。奉太郎の相方の福部里志がまたどこかで見た様なキャラなのだが、とりあえずこの作品の情報屋の位置づけか。とは言え、こうやって何かとの類似点を挙げ連ねても仕方ない。頭の中でどうしてもハルヒとくっついてしまうのは何とか置いておこう。

省エネ人生を送りたい奉太郎の所にとてもお強い姉からのエアメールが届く。うわ、封書の国際郵便とか懐かしすぎだろ。あの頃はアメリカと手紙のやりとりをすると航空便でも凄く日数がかかったんだよね。その後、パソ通のNifty-serveがアメリカのCompuSereと電子メールのやりとりが出来る様になってこれは凄いと思ったものだった。

姉曰く、潰れそうな伝統ある古典部にお前が入って部を存続させろと。

古典部?この作品はこの後は源氏物語とか徒然草とかそんなネタをずっとやって行くのか?ひょっとして漢文もあり?とか期待したのだが、今回を見る限りに於いては古典関係ねーw

他人に煩わされたくない奉太郎は最初は古典部なんて面倒くせーとか思ったのが里志に古典部は部員が居なくなったから一人で部室を独占出来るぞと言われて、それならばと入部届けを書いて職員室へ。ここで奉太郎は何で一旦入りかけたのを止めたんだろう。先生を手伝う羽目になるのを避けたのだろうか。職員室で鍵を貰って部室へ。

ところが鍵を開けて教室に入ってみるとそこには少女が。
参考資料
おい、なんで居るんだ。窓は開いているがここは4階なんだろ?

その少女は奉太郎の事を知っていた。選択クラスの音楽で一緒なのを覚えていたのだ。奉太郎は、選択クラスで会った生徒を覚えていたのか、何て記憶力だ、と考えるが、いや、普通の男子高校生ならそこは「え?自分の事を気にしてたの?ひょっとして俺に気があるんじゃ」って日常ぽい発想をするもんじゃないのかw

まるで奉太郎を絡め取る様な仕草のその少女は「ちたんだえる」と言う。なんだその名前は。どこの国の人間だ。しかし、その疑問は盗み聞きしていた里志によって解決される。この地域の4豪族のひとつ、千反田家のお嬢様だそうだ。ああ、まあ五反田があれば千反田があってもしかたない。それにしても「ちたんだえる」って「さんかれあ」に妙に通じる名前の気がする。

さて、話は何故鍵のかかっていた部屋にえるが居たのかに戻る。この天然ぽいお嬢様が何か策略をしているとは思えない。状況を聞いた奉太郎がこの不思議な事象を解決した。蛍光管などを交換していた工務員さんがマスターキーを使って教室を開けて作業している最中にえるが入ってしまって閉じ込められていたのだ。

あ、この作品ってこの方向で行くの?


BパートはAパートの路線のとりあえず延長で来た。感想文を忘れて来て教室に残ってあらためて書いている奉太郎に里志が学校の七不思議を語り聞かせている。そこへやって来たえるに奉太郎はさっき里志が話していた七不思議の一番目の話をさせる。

誰にもしられない女郎蜘蛛の会が掲示板に部員募集を募ると言う話だが、えるはこの話に食いついてきた。「よし!」と拳を握る奉太郎。何か企んでいるよね。

Aパートではえるが教室に閉じ込められた謎を解いた奉太郎だが、今度はえるにせがまれてその    の謎の部員募集の張り紙を探す事にする。その様な謎の張り紙は一体どこに貼られるか?校内に30カ所以上ある掲示板を全部探すのか?そんな面倒な事はしない。最も貼られていそうな場所を考えてみよう。それはやはり昇降口の所にある一番生徒の目に入る掲示板だろう。

そこをくまなく探すえるだが、見つからない。なさそうに見えた昇降口の掲示板だが、女郎蜘蛛の会の張り紙はの裏に隠れて貼られていた。これを総務委員の里志が回収。とりあえず今回の謎はこれで落着。
参考資料

の筈だが、帰り道で里志が奉太郎にあれを書いたのは奉太郎だろうと言う。そう、奉太郎は七不思議の二番目の謎にえるが興味を持って音楽室まで「月光」の謎を解きに行くのは面倒だから、そのまま昇降口まで行ける一番目の謎をえるに掴ませたのだ。かくて教室からそのまま昇降口に向かって帰る事の出来た奉太郎。しかしそこまで策を練るのは面倒じゃないのか。

だが、里志は鋭い。奉太郎が何をやったのかだけではなくて、それによって何を思っているのか迄踏み込んで来た。えるの好奇心、そして否応なく奉太郎を絡め取って巻き込む力、それを奉太郎は楽に解決する方法であしらった。だがそれは同時に「えるをあしらった」と言う自分に対するあまり気持ちよくない感情を抱かせていた。里志、そこまで奉太郎に突っ込むお前は結構困ったヤツだなw
参考資料


今期最後の頼みの綱であるところの氷菓、それなりに面白かった。このまま奉太郎の推理物で行くのだろうか。古典はどうしてくれるんだw

|

« 二ノ宮知子・87CLOCKERS・第1巻 | Start | 京アニの新しいCM »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/54544390

Folgende Weblogs beziehen sich auf 氷菓・第1話:

« 二ノ宮知子・87CLOCKERS・第1巻 | Start | 京アニの新しいCM »