« 這いよれ!ニャル子さん・第1話 | Start | めだかボックス・第2箱 »

ヨルムンガンド・第1話

月刊サンデーで銃が出たのでBLACK LAGOONを連想したのだが、大きな意味では同じジャンルの作品だが、こちらはチームが大勢で男主人公が子供でチームの仕事が決まっている。私の様な素人目には大体同じ傾向に見えるw

ちょwwwwwwwwww
ソーニャちゃん、こんな所で昔から殺し屋やってたのか!w
この配役、わざとだとしか思えないw
参考資料

両親を(内戦で?)殺され武器を、その武器を作る人間を、その武器を売る人間を憎むヨナ。だが、皮肉な事にヨナはその武器を使って人を殺す事で生きており、それのプロフェッショナルだ。

それを買われてココのチームにスカウトされる。

そんな生い立ちのヨナだがから武器商人のココの下で働くのに当初は肯定的な気持ちを見せていなかった様だが、いきなり始まった最初の仕事、そしてすぐに続いて起きた次の仕事を通じてココの性格にあてられて暫くはこの連中と一緒に仕事をしても良いかと考える様になった、と言うのがこの始まりの第1話。

Mig-29の近代化改修キットを納品しようとココ達は輸送して来たのに、通関がそれを妨害。近代化で航空勢力が周辺諸国と均衡してしまう東欧某国がこれによって戦争に巻き込まれるのを防ごうと言う内務次官の手筈だったが、実力で妨害する部隊をココのメンバーが実力で粉砕。ヨナもあんな体勢で対戦車ミサイルの射手を撃ち抜けるんだからなあ。流石、ソーニャちゃんは違う。
参考資料

そうまでして装備を持ち込んだココの理由は「世界平和の為」だそうだ。
参考資料

こうやって拓いたココの販路に別の武器商人が割り込んでハインドDを空軍に納入しようとした。それを本部から知らされてこのままじゃ給料が減らされると阻止を目論むココ。本部からの給料でやってるんだ。

クロシキンの所にヨナと伴に乗り込んだココ、スナイパーの始末が終わったところでヨナにクロシキンを始末させる。こんな回りくどい事をしたのは確実性を取る為だろうか。


ココのグループのメンバーがまだココ一筋のバルメしか性格が掴めないが、それ以外の連中の見栄えはぱっとしなくともw、話は楽しめそう。

|

« 這いよれ!ニャル子さん・第1話 | Start | めだかボックス・第2箱 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/54449162

Folgende Weblogs beziehen sich auf ヨルムンガンド・第1話:

» (アニメ感想) ヨルムンガンド 第1話 「ガンメタル・キャリコロード」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・ピッコロ ヨルムンガンド 1 (サンデーGXコミックス)(2006/11/17)高橋 慶太郎商品詳細を見る *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日と金曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 12. April 12 um 18:32

« 這いよれ!ニャル子さん・第1話 | Start | めだかボックス・第2箱 »