« さんかれあ・第4話 | Start | モーレツ宇宙海賊・第17話 »

アクセル・ワールド・第4話

千百合の中にバックドアを発見した春雪。こんなもの削除してしまえ・・と思ったものの、そこは止まる。敢えて見過ごしてバックドアを仕込んだヤツを見つけようと。

その夜、春雪は妖しい夢を見た。千百合とあんなに短いケーブルで直結した為、意識に残ってしまったのだ。具体的には描かれなかったが、あの後の春雪の自己嫌悪っぷりを見るときっとアレしちゃったんだなw 朝会った黒雪姫にもまともに挨拶が出来なかった程に。黒雪姫の方は昨日春雪をけしかけてしまったのを謝る。できもしない直結をする事まで言わせてしまったと言うが、春雪は直結したんだよ。それを聞いて、根掘り葉掘りどうちょっけつしたかを聞く黒雪姫。黒雪姫さんの反応がかわいい。ケーブルの長さが10cmと聞いてすたすたと行ってしまった黒雪姫w
参考資料

その態度がまさか嫉妬とは思いもよらない春雪。きっと何か怒らせたんだろうなあと、昨日の夢の事もあって落ち込む。そのあとの新聞部の取材でかえって自分を卑下する。

だから放課後の黒雪姫との話でもすっかり卑屈な事を言ってしまう。いや、春雪、自分をそう思っているのは分からないでもないが、ちょっとは新聞部の言葉とか、短いケーブルしか買えなかったと言う黒雪姫の言葉も考えてやれよ。うーん、中一だしなあ、無理か。無理だよね。

でも捨て駒にしろと言う春雪に、どうしてそんな事を言うんだと泣いてしまう黒雪姫。
参考資料

修羅場じゃー!
などとそちらにかまっている場合ではなかった。暴走した車が歩道に。黒雪姫と春雪をめがけて突っ込んで来た。

バーストリンクで時間を稼ぐ黒雪姫と春雪。しかしこれって時間稼ぎなんだよね。突っ込んで来た車の運転手を見たらあの荒谷。あれを恨みに思って二人の所に車で突撃して来たのだ。にしてもあれだけでここまでするか。時間稼ぎをしてはいるものの、戻った瞬間には車に轢かれるのは変わらない。そこで黒雪姫は残りの99%の力で物理的な干渉を行うと言う。そんな事は駒である自分がする事だと言う春雪に黒雪姫は最後の言葉として告白。

自分を卑下して今までなら黒雪姫のそんな言葉を信じはしなかったかもしれない春雪だろうが、これが最後となれば漸く信じられるだろうか。だが、それはこの一瞬で終わる。黒雪姫はフィジカルフルバーストで物理的な自分の動きを早め、春雪を暴走車の線上から押しやる。

元に戻った春雪は車にはねられた白雪姫を認める。

救急病院に運ばれた白雪姫は手術の結果、止血には成功。マイクロマシンが蛋白質合成をして組織修復を行っていると言う。妙な部分まで科学が進歩したな。但し蛋白質合成をしても多臓器不全は起こすかも知れない。今晩が山。そして治療の為に黒雪姫のニューロリンカーは病院のネットワークに繋がれた。

ネットワークに繋がれたと言う事は、それはここにバーストリンカーが来たら黒雪姫が対戦に引き込まれてしまうかもしれないと言う事ではないか。それを悟った春雪は徹夜で病院の入口を見張る。

そこに現れたのは拓武だった。

声を掛けようとした春雪が気づく。千百合にバックドアを仕込めてこのタイミングで病院に来た拓武こそがシアン・パイルなのだと。シアン・パイルが黒雪姫と対戦申請をする前に阻止しなければならない。あらん限りの速度でシアン・パイルとの対戦を申請する春雪。
参考資料


ああ、凄いよ、アクセル・ワールド。第4話、凄い。
一応理由は語られたが、黒雪姫が春雪を好きになる点はちょっと納得出来ないが、まあそこは目を瞑ろう。
そこに構わずに面白ければそれでいい。

次回、大いに期待だ。
予告で何となく予想はつくが、黒雪姫と春雪の間がどこまで元の状態になれるかが気がかりだ。

|

« さんかれあ・第4話 | Start | モーレツ宇宙海賊・第17話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/54582130

Folgende Weblogs beziehen sich auf アクセル・ワールド・第4話:

« さんかれあ・第4話 | Start | モーレツ宇宙海賊・第17話 »