« 戦姫絶唱シンフォギア・第9話 | Start | ラストエグザイル-銀翼のファム-のロシア語広告 »

偽物語・第9話

漸く「つきひフェニックス」の鍵になりそうな人物登場か。でも登場しただけ。一応一言づつ含みのある言葉を残したけど。

かれんビーでのキス以来仲の良さが際だって、Aパートは今回もまた兄=暦と妹=火憐のちちくりあいかけあい。
火憐がふったじゃんけん必勝法からじゃんけんの真剣勝負をする事になった二人。何かかける事にしたが、負けた方が駿河の家までオンブをして行くと言う事になった。しかし暦の言うとおり、ジャンケンで手を抜いたからって、わざと負けるなんて事出来ないよな。後出しとかそう言うの以外。

結局火憐のズルのせいで勝負は暦の勝ちとなり、しかも罰則付きでオンブどころか肩車をする事になった。

「よし兄ちゃん、あたしの肩に乗れ」
参考資料
う、いや、それ別の要求している様に見えるのは、目が曇っているせいかw

流石にこれはヤバイかなと思った暦が火憐のポニーテールが邪魔になるだろうと言うのを口実に断ったところ、火憐は思い切った挙に出る。

うわー、暦、それを止められなかったか。
参考資料
火憐、あっさりポニテを切っちゃったよ。
ずっと邪魔だと思っていた言う火憐だが、それは本当だろうか。

不安定だった暦を脚への血流も止まるのではないかと言う程固定して出発。その途中で郵便ポストの上に乗る謎の人物に出くわす。暦に向かって「そこの鬼畜なお兄やん」と呼びかけて、栄光塾への道を尋ねる。これをネタに翼に電話する事ができるぞと喜ぶ暦。しかし、そこまで暦って翼の事が気に入ってたのか。ひたぎさんと言うものがありながら。

翼が言うにはあの忍野が居たビルがそうだとの事。影縫余弦は拠点を求めてそこに行くらしい。このあとの「小さい子」の時もそうだが、怪異を知っている暦が相手が名乗ったからと言って易々と本名を名乗っていいのだろうか。こんな胡散臭い相手に。この余弦は暦の事を「鬼」と言ったし火憐の事は「スズメバチ」と言った。二人の後背の怪異を当てている。


火憐を駿河の所に送った帰り道に真宵の姿を見かける暦。
ああ、そうだ、またも暦は真宵にいつものセクハラ行為をするだろうと思っていた。それが一息入れて理屈をこねてからか。以前真宵にセクハラ行為をしなくなった暦を見損なったと言われたばかりじゃないか、何をもったいつけてる。

まあ、結局忍に阻止されたんだけどね。

失礼、はにかみました。
参考資料
え?ハニカム構造?

真宵といつものかみかみな会話をしている所に余弦が予言した「小さい子」が出現。この子も暦の事を「鬼」のお兄ちゃんと言う。この子も栄光塾に行きたいのだ。この子も斧乃木余接と名前を名乗ったので暦は自分の名前を教える。そしてこの子も暦を「鬼」と見定めた上に、真宵の事を「かたつむり」と言い当てる。

口癖の「僕はキメ顔でそう言った」が、「みことはみことは」にどうしても被るけど。

それにしても余弦に余接って、おまえらは三角関数コンビかよ。

|

« 戦姫絶唱シンフォギア・第9話 | Start | ラストエグザイル-銀翼のファム-のロシア語広告 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/54141428

Folgende Weblogs beziehen sich auf 偽物語・第9話:

« 戦姫絶唱シンフォギア・第9話 | Start | ラストエグザイル-銀翼のファム-のロシア語広告 »