« 偽物語・第11話・最終回 | Start | 未来日記・第22話 »

輪廻のラグランジェ・第11話

まどかを置いて飛び立ったランとムギナミだが、ウォクスの回りでは奇妙な事が起こり始める。二人の搭乗機にはまどかの反応が起きて、まどかの考えている事と思われる声が流れる。しかしそれはファロスの方では掴めない。まどかの反応に惑わされず、戦闘に専念しろと言う田所司令。後方の件はこちらに任せろと。

そうは言ってもファロス側はウォクスが2機。対するキッス側は無数のオービッド。こんなのでどう戦うのかと思ったが、機体性能が圧倒的に違うのかランの長射程砲で次々とオービッドを撃墜。しかしながらムギナミとランで別れてオービッドを分散させる筈が、オービッドは全機ランの方へ。数で押すオービッドに段々地表に抑え込まれるラン。それを助けようとするムギナミの前にはヴィラジュリオのオービッドが立ちふさがる。機体性能がウォクスの方が上と言っても、戦闘慣れしていると思われるヴィラジュリオに押されるムギナミ。

やはり2機じゃどうにもならんよね。

おまけに軌道上ではキッスの戦艦がこれまた数を揃えているし。そこからファロスめざして一斉砲撃。こんなものどう防ぐのかと思ったが、レ・ガリテから技術供与を受けた地球側はそれなりの装備を調えていた。これでもファロス側が不利なのは否めず、まどかの参戦をランとムギナミは望むが、田所の一存では許可出来ない。

アステリアにかけあうが、アステリアは却下。一度輪廻を開いたまどかを再度搭乗させる事は出来ないと。そのアステリアにようこがウォクスの暴走は2万年前に地球を離れた方にしか残っていない事を指して無かった事なのではないかと言う。ランとムギナミにまどかを加えた「3」こそが安定した数字なのではないかと。

この場面で背景で何か妙な事をしてるなーとは思っていた。
参考資料

おされるファロスでは田所が最終決断をしようとしていた。このままやられる位ならまどかを参戦させて力を尽くした方がいい。
参考資料
まどかがウォクスに搭乗可能な様に、ファロス内でのまどかの動きを自由にさせていた田所が自分の責任において出撃を許可しようとしたタイミングでアステリアからの許可が下りる。

まどか、離陸して参戦。背後では鴨女の応援メッセージ。
参考資料
これを準備していたんだね。

キッスの戦艦からの鴨川への砲撃は三バカが防御する。あの唯一の鴨川回で三バカの(気の毒だが三人セットの呼び方が他に無いんでw)気持ちはまどかの街を守る事に固まっていた様だ。

形勢が逆転して一気に押し返そうとした所でまどかに異変が発生する。撃墜されたオービッドの一機が鴨女の校庭に墜落し、犠牲が発生していたのだ。そしてその中には「おねえちゃん」のようこの姿が。


ようこが「暴走は無い」と言っていたウォクスが皮肉にもようこの負傷をきっかけにまどかによる暴走を引き起こそうとは。


次回予告のナレーションと絵が全然合っていませんがw

|

« 偽物語・第11話・最終回 | Start | 未来日記・第22話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/54260826

Folgende Weblogs beziehen sich auf 輪廻のラグランジェ・第11話:

« 偽物語・第11話・最終回 | Start | 未来日記・第22話 »