« クローズアップ現代(NO.3171)アニメを旅する若者たち「聖地巡礼」の舞台裏 | Start | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕・第10話 »

ハイスクールD×D・第9話

まさにサブタイどおりに修行、はじめましたな話だったが、微妙にぶつ切り感が漂う脚本でもあった。ひょっとして夜間特訓でアーシアの服をぶっ飛ばしたであろうシーンは円盤収録までおあずけよって事だろうか。

ライザーとレイティングゲームをする事になったリアス。とは言え明らかに戦力的に劣勢で一週間の猶予が与えられる。その間にリアス一族の弱点である一誠とアーシアを強化しようと言う修行(合宿)になった。

メニューその1は木場との剣術戦だが、これは一誠の速成に役に立つのだろうか。魔法勝負は体力勝負とは言っていたが、一週間のメニューの中ではどんなものだろう。

メニューその2は魔法を使う時の気の集め方。ああ、これは役に立ちそうですな。一誠の煩悩の赴く方向に集中させればきっと成果が出るだろう。
参考資料

メニューその3は小猫との体力戦だが、これは例の基礎体力の養成にはなるかもしれな。ついでに小猫からは向き不向きの話と一誠の長所を教えられるし。

メニューその4は魔法で食事を作れと言う事だが、どっちかと言うと夕食当番だったんじゃ。アーシアはあっさり瞬時にお湯を沸かす事に成功。アーシアは魔法を使う素養はある。一誠は煩悩の赴く所、剥く魔法力に目覚めた!もしかしてこれがライザーの魔法少女軍団の時にちょっとは威力を発揮するのか。つーか、サービスシーンを演出するのか。

そう言うサービスシーンは今回は入浴場面だけで割合あっさり。一誠に岩をも抜く思いの力でどうにかなるのかと思ったら何事もなくあっけなく終わった。

じゃあこのあともっと何かあるのかなと思ったら、一誠が「剥く」魔法の特訓の為にアーシアの所に夜中訪れるのだが、服を借りるだけなら寝る前に借りるだろ普通。そして剥く特訓をアーシアが見に行ったものの、そこで場面転換。
参考資料

翌日はみんなが居る席上で二人だけの秘密と言う扱いのくせに「昨晩は」とアーシアに話す一誠に非常に違和感。何だかここら辺の流れが妙なんだよね。だから今回の脚本が変な感じで。

ミーティングではリアスがレイティングゲームについての説明。悪魔の一族も嘗ての天使・堕天使との三つどもえの戦いで人数が減り、72柱も一部が残っただけ。その中でもフェニックス家は不死の力でレイティングゲームを勝ち進んでのし上がってきたと言う。

はて、そう言えばアーシアは72柱のひとつグレモリー家の次期当主と言っていたが、兄のサーゼクスが居るのに何で?と思い、Wikipediaを見たら理由があった。(以下この段落はネタバレだが、多分話には影響しないと思う)サーゼクスは魔王となった為にグレモリー家を相続しないらしい。だから次期当主がリアスになる。

さて、今回のサービスサービスは終わり?と思ったら、夜中に起きたリアスと一誠が庭園でお話をしましょうな場面。でもここは政略結婚を拒むリアスの気持ちと一誠のリアスが一番の気持ちを確認するだけだった。だけってのもおかしいが、話のステップとしては必要か。
参考資料

修行の成果が出て、一誠はブーステッド・ギアを12回までブーストしても問題ない身体となり、そこから撃ち出す魔力は山をも砕く威力を持つ事が分かる。これが一誠に自信をあげるわと言う一面か。でもその後は体力を消耗するし、戦局の分岐点でのみ有効となりそう。

ところで、DxDって、プライズで抱き枕カバーが出るんだね。 なんでまたこう言うのでわざわざ隠す様な絵柄を使うか。 どうせなら、あの穴あき風の隠し方で隠してるけど何も着ていない風な隠し方にすればいいのにw

|

« クローズアップ現代(NO.3171)アニメを旅する若者たち「聖地巡礼」の舞台裏 | Start | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕・第10話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/54172909

Folgende Weblogs beziehen sich auf ハイスクールD×D・第9話:

« クローズアップ現代(NO.3171)アニメを旅する若者たち「聖地巡礼」の舞台裏 | Start | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕・第10話 »