« 男子高校生の日常・第5話 | Start | ハイスクールD×D・第5話 »

ちはやふる・第18話

袴を着なくちゃダメ?とか、A級に昇段して初めての退会とか、そう言うものだから一瞬時間が遡ったのかと思った。袴の件は「大会を通してずっと」と言うのがついていて、A級の件は学生の大会には出たが、一般も含めた大会は初めてと言う意味か。この大会で優勝すれば太一と優征はA級への昇段、奏と勉は段位の獲得が出来る。

千早は原田先生に「速く取るのをやめなさい」と言われて初めての大会でもある。でも戦い方を変えてすぐに上手く行くとは思えず、多分初戦の相手には大いに苦戦するんじゃないのかと思われたが、その通りの展開となる。

参考資料
「かわいい」
知ってた知ってる」
何となく歳は行ってそうだが可愛い雰囲気のある金井桜さん(この人、原作でも「かない」さんなの?まさかそれでCVはかないみかさんになったの?)。でもまがりなりにもこの人もA級な訳で、簡単に行く訳がない。

「速く取るのをやめなさい」と言われても、ついつい手が出る千早はやはりミスを犯してしまう。そんな千早は桜にとて「ラッキー、速いだけの子にあたって」と言わしむる対戦相手だった。千早は今迄は自分の力だけで格闘して相手がどうだからどう戦うと言うのを全くやっていなかった。それをこの桜に教えられる。千早は札とだけ戦っている様でつまらないと。

桜相手の対戦で相手とどう戦うか、1文字決まり、2文字決まりの札を取る呼吸はどんなものかを学ぶ千早。今回は6枚差で負けたが、これでひとつ戦い方を見つける。

そして今回の大会の決勝。B級は太一と優征、段位獲得は奏と勉の対戦と言う瑞沢高校かるた部にとっては最初で最後の戦いの様な組み合わせとなった。千早はどっちを応援したらいいのとか、実はそんな事を言っている場合ではなくて、奏の戦い方からも得る物があったのだ。袴を着ると所作の美しくなる奏は戦い方も変わり強くなる。そして大江呉服店の広告塔になるw

奏、やっぱりモテナイとか嘘だよね。
参考資料
最後のちはやHOO!で奏かるたを全面否定していて悲しかった。
参考資料
そりゃ競技ならそうなのかもしれないけどさ、あれじゃ歌の内容全然関係ないじゃん。

|

« 男子高校生の日常・第5話 | Start | ハイスクールD×D・第5話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/53935199

Folgende Weblogs beziehen sich auf ちはやふる・第18話:

« 男子高校生の日常・第5話 | Start | ハイスクールD×D・第5話 »