« 戦姫絶唱シンフォギア・第6話 | Start | 輪廻のラグランジェ・第6話 »

偽物語・第6話

とりあえず「囲い火蜂」の毒を火憐から暦に一部移す事が出来て火憐の熱はやや治まる。暦は最終的に火憐を囲い火鉢からの毒から解放する為に貝木のもとへ向かう。

ところが、途中で見かけたのは八九寺。
参考資料

てっきりまたも暦はセクハラすると見せかけて真宵に普通に声をかけたものだから、真宵は暦の異変に気がついて噛まない。逆に暦が八九寺の寺を減らす始末。身体は子供でも頭脳は大人の真宵に暦は子供だ子供だと言う妹達と自身があまり違わない事を指摘される。まあ、暦も今のところ生物年齢は高校生だしね。

しかしそうなのか、真宵はいつもはセクハラを待っていたのかw
そしてひたぎはあまり真宵の事が好きじゃないのか。

そして真宵と別れた後、暦はひたぎの所へ。貝木の居場所を教えて貰う為だ。

暦はひたぎに色々な意味で恐ろしい話をされた挙げ句に後でやって何かやると言う事で居場所を教えて貰える事になった。ひたぎも自身の為に暦と一緒に貝木の所へ行くと言う。

それにしても、なんでまたひたぎが翼を御主人様扱いw
参考資料

貝木の所へ行く前に一眠りしておけと言われて家に戻る暦だが、戻ってみると月火が狼狽して駆けつけて来た。火憐が居なくなってしまったと。うーむ、下手に熱が下がったせいで動き出してしまったか。

慌てて火憐を探しに飛び出す暦だが、考え込んでも火憐の行った先の心当たりが浮かばない。そこに声をかけて来たのが忍だ。暦の妹捜しなどに興味は無いが、命令されれば仕方なく協力せざるをえないと。

なーんてツンデレなw


と言う事で、事態は「真宵に会った。ひたぎに会って貝木の所へ行く事になった。火憐がいなくなった」しか進展していないのだが、中身は充実していた。だって忍に命令してEDになっちゃった時に「へ?もう終わり?」と思ったのだから。


ひたぎさんのこの場面はHでしたねえ。
なんか、リアルっぽさがあって。
「やばすぎ。超絶かっこいい」
「私が女で良かったわね」
参考資料
参考資料
参考資料
参考資料
参考資料
そこに本当に胸があるかの様に指をはわすんだよね。

|

« 戦姫絶唱シンフォギア・第6話 | Start | 輪廻のラグランジェ・第6話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/53967029

Folgende Weblogs beziehen sich auf 偽物語・第6話:

« 戦姫絶唱シンフォギア・第6話 | Start | 輪廻のラグランジェ・第6話 »