« 戦姫絶唱シンフォギア・第8話 | Start | 輪廻のラグランジェ・第8話 »

偽物語・第8話

全然話が進んでない!w

今回は暦と火憐がまた一歩兄妹の境界を越えてしまったと言う話。
囲い火蜂の毒を火憐から暦に移す時に粘膜の濃厚接触を口で行って以来、そっちの方向に歩み始めた兄妹は、今回は火憐が女の子ぽい服装をして兄に密着したと思ったら、妹の願いを聞くかどうかを勝負で決めようと言い出した兄がアマガミの純一も真っ青な変態紳士行為で妹を行く寸前に追いやると言う、こんな内容を延々と30分番組でやるとか、一体シャフトは何を考えているのかと思ったら、2ちゃんを見ると原作にも歯磨きエピソードがあるとか、西尾維新も変態だなと思った次第w
参考資料
参考資料

かれんビーの時は序盤は暦と月火を絡ませて主役の火憐はチラ見だけのパターンだったので、きっとこのつきひフェニックスはその逆パターンで初回は暦と火憐を絡ませて最後に月火が出てくる、きっとこの流れなら二人が行き着く所まで行き着くのを阻止する役割だろうと思ったら、その通り。
参考資料
月火が帰って来る迄時間があるからもう一回ってオチは、Hマンガでよくあるオチですね。

ところで、怪異らしい出来事は未だですね?

|

« 戦姫絶唱シンフォギア・第8話 | Start | 輪廻のラグランジェ・第8話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/54083987

Folgende Weblogs beziehen sich auf 偽物語・第8話:

« 戦姫絶唱シンフォギア・第8話 | Start | 輪廻のラグランジェ・第8話 »