« 輪廻のラグランジェ・第8話 | Start | ルイズのドキドキビッグタオルがドキドキどころではない件について »

未来日記・第20話

前回雪輝を叱咤した甲斐があったなw
或がそこに居るのは我妻由乃ではない!と指摘し、雪輝は動揺したものの由乃は由乃だときっぱりと言い放ち、結局三者はこの場面ではばらばらに散る事になる。かくて今回の主役は西島さんですよ。自ら進んで死亡フラグを立てまくる。

西島、いきなりみねねに求婚だものなあ。実はWikipediaでネタバレを見てしまった為にこう言うイベントがあるのは知っていたのだが、それにしてもいきなりだ。ネタバレしてない人にはもっと唐突だったんじゃないのか。確かに圭悟亡き後ずっとペアを組んでいた様な状態だったが、ああ、身体目当てですかそうですかw

11thジョン・バックスは8thかまどを抱き込んで国内3位の性能を誇るスーパーコンピューターに増殖日記を移植させようとする。桜見市民に孫日記を持たせて未来を見通せる力を授け、進化した人類による未来を築きたいと言うが、それは本当だろうか。それにそもそも大衆に未来が見える日記を持たせてもダメだと思う(これは後からそう言う描写が出てきた)。

神になるのは私。みねねは先ず11thの日記を破壊すべく、コンピューターの爆破に向かうがそれは全て予知されて妨害される。逃げようにもそちらにも先回りされ、みねねの逃亡日記が役に立たない。そんな時に助けたのが西島で、警察無線に誤情報を流してまでみねねを守る。その上での求婚ですよ。

結婚ってなんだったけ?ワロタ
参考資料
日本刀で入刀するなよw

しかしジョン・バックスはみねねの行動は予知出来ても西島の行動は予知出来なかった。そして桜見中央大学のコンピューターは破壊されるが、実はジョン・バックスにはまだあと2台残っていた。三台のスーパーコンピューター、きっとメルキオール、バルタザール、カスパーって名前なんでしょうな。

西島が或に連絡して応援を呼ぶ。ジョン・バックスの残り二台は同時に破壊しないとダメなのだそうだ。
どうして?
よく、両方同時に破壊しないと片方が再生すると言う設定物があって、例えばエヴァの第九話「瞬間、心、重ねて」で出て来た第7使徒イスラフェルがそうだった。でもジョン・バックスのコンピューターは破壊したら再生なんてしないでしょ?順番に潰して何の問題が。

それはさておき、或に呼び出された王子と日向とまおが助力してくれるかもしれない。だが王子はみねねがクラスメイトの仇と言うのを覚えている。だからこんなヤツの助けを誰がするかと言うのは至極もっともな話。それなのに後から結局同時破壊を手伝う事になるのだが、この心境の変化は何なのだろう。

もっとも、王子のおかげでジョン・バックスの日記の正体が判明し、それに対する手だても可能となった。すなわち11thの日記は「The watcher」であって、他の日記所有者の内容を覗き見する事が出来るのだ。バレていなければ圧倒的じゃないか。しかしそれが分かるとジョン・バックスを攪乱する為に偽情報で日記を上書きすればいい。それでタワーのコンピューターに迫るみねね組と王子組。

順調に事が進んだところであろうことか西島が決定的な死亡フラグをしゃべってしまう。
「これが終わったらテロリストやめて俺と結婚して」

ああ、案の定、みねねを庇って西島散る。
参考資料

みねねも王の手右腕を失うが、ここに雪輝と由乃が参戦。ずっとみねね達を泳がしていたそうだ。雪輝、おぬしもワルになったものよのう。

雪輝は桜見市民を人質にしてジョン・バックス桜見市長の弱点を突くと言うが、まさか市長だから市民に手出し出来ないとかそんな話じゃないよね?
参考資料

ジョン・バックスが孫日記をばらまいたのもそれは市民の為じゃなくて、日記所有者がそれだけ多くなれば自分が覗き見出来る日記が増えるからなんじゃないのか。

|

« 輪廻のラグランジェ・第8話 | Start | ルイズのドキドキビッグタオルがドキドキどころではない件について »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/54092763

Folgende Weblogs beziehen sich auf 未来日記・第20話:

« 輪廻のラグランジェ・第8話 | Start | ルイズのドキドキビッグタオルがドキドキどころではない件について »