« 輪廻のラグランジェ・第7話 | Start | 男子高校生の日常・第7話 »

未来日記・第19話

OPのカットから11thはどこかの企業の社長かなと思っていたが、桜見市の市長だったのか!w

その市長ジョン・バックスが市議会で涙の演説。8thの根拠地となっている「母の里」解体を訴える。しかしそんな事、市議会で審議する様なものか。それから議会の構造がおかしい。市長が演壇で座っている。演壇に普通は席が無いだろ。そして議場を市長が議事を取り仕切っている。議長はどうした、議長は。演壇の後ろが議長席だろう。市長などの執行部はその隣の席だ。どんな独裁地方自治体だよ。
参考資料
これ、もしドラのテニスコート野球場なみにおかしい絵だと思うのだが。

バックスはデウス・エクス・マキナに訴える。1stと2ndの消息が不明になって既に5日経過し、この場にも現れない。だから無駄なルールに拘らずに日記所有者としての資格を剥奪しろと。デウス・エクス・マキナも「無駄なルールに囚われないで」と言った所で雪輝が登場。雪輝、覚悟を決めて随分変わったじゃないか。雪輝はここ数日11thの正体を探っていたのだ。そしてそれが桜見市長のバックスと言うのを見つけた。ここで残った日記所有者、1st(雪輝)、2nd(由乃)、8th(上下かまど)、9th(みねね)、11th(バックス)の全員の素性が各々に明らかになる。

このゲームに勝って神の座を手に入れ、父と母と由乃と幸せな世界に作り直すと決意した雪輝達はインターネットカフェに身を潜めて残った日記所有者を倒す計画を練る。そしてまずは連合を組んで一人倒す事にする。

ところでネットカフェが画面で強調されていたからそうだと思ったのだが、今のネットカフェってこんな個室があるの?
参考資料
で、こーんな事が出来ちゃうんだ。
参考資料

かくて8thとの共同による11th襲撃作戦が立てられた。でもこんな予め立てられた計画がうまく行くとはこう言う作品では思えない。作戦実行に先立って雪輝が宮代お鈴に「君は参加しない方がいい」と言っていたのが悪い未来を予感させる。

はたして11thの車を襲撃するも、11thが用意した強力な携帯ジャマーによって母の里の面々は次々と討ち取られていく。7thが先に失われてしまったのは痛いな。そして由乃の日記を信用させる為に見せていたのもジャマーによって見えなくなった時点で由乃がお鈴達を襲撃する。あーあ、これが雪輝がお鈴を作戦から外したかった理由か。御目方教の時から雪輝を見ていて、1stは悪い事は出来ないと思い込んでいたお鈴はそれ故に騙された訳だ。両親を失って雪輝が変わってしまったのに。

同時に11thを片付けようと追う雪輝達だが、11thの日記はどんな能力があるのか分からないが、由乃の攻撃を察知して回避する。それを強引に車を寄せて高架道から落とす雪輝。いつからそんなハイレベルな運転が出来る様になったんだ。

11thを追いつけた形になった雪輝と由乃だったが、ここにみねねが或を連れて来た。これが11thの逆転の手段か。そして或が由乃の家にあった三体の死体のうち、我妻夫婦の他の一体が何者かであるのを暴く。それは「我妻由乃」の死体だったのだ。「もう一人の死体は誰なんだろうね」と言う話があった時点で本当の由乃なんじゃない?と言う予想はあったが、やはりそこに落ち着くんだ。

それを聞いて動揺する雪輝。ずっと一緒の筈だった手を離して。

おい、雪輝。何を事の本質を見失っているんだ。

三人目の死体が「我妻由乃」だからと言ってそれがどうしたと言うのだ。
おまえが約束を結んだ相手は「我妻由乃」と言う名前ではないだろう。そこにそうして立っている殺人鬼ではあるがお前を頼っている女の子がそうだろう。


ところで、みねねと西島が話していたテラスって、ひょっとして秋葉原のワシントンホテルのテラスかなと思ったのだが(川の岸壁が垂直とか、水面が近いとか)、全然違うねw
参考資料

|

« 輪廻のラグランジェ・第7話 | Start | 男子高校生の日常・第7話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/54035428

Folgende Weblogs beziehen sich auf 未来日記・第19話:

« 輪廻のラグランジェ・第7話 | Start | 男子高校生の日常・第7話 »