« 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕・第3話 | Start | 戦姫絶唱シンフォギア・第3話 »

アマガミSS+ plus・第3話

二番手は梨穂子。一期の梨穂子ってちゃんと純一とくっついた訳じゃなかったんだったっけ?
確かに純一が茶道部に入って、先輩二人が卒業した茶道部を梨穂子が引き継いだ、と言うのは覚えているが、その後がどうだったかはあやふやな記憶になってる。

純一への告白が未だと言う梨穂子に香苗がせっつく。香苗って一期の時から梨穂子の友達なのだが、梨穂子を呼ぶ時は「桜井」だよね。だから最初に梨穂子が寝ている時に香苗が起こそうとして「桜井!」と呼んでいるのを聞いて若干違和感があった。アニメだと通常は仲の良い間では名前呼びなのに。

部室である茶室の掃除をしていた梨穂子と純一。純一の返事がいいかげんで、何をやってるんだろうと思った。と言うのも、純一は変態紳士ではあるものの、律儀なヤツなので(それを根拠にあちこちでフラグを立てている)二人で部室掃除をしている最中に意味もなくサボるとかはしないだろうと思ったからだ。そうしたら夏バテとの事。もうずっとスイカとそうめんの生活だそうだ。

いや、レトルトカレーくらい食べろw
カレーだから夏の食欲減退期でも食べられるし、レトルトなら簡単だし。

それを聞いて梨穂子は夕食を作りに行ってあげようかと言う。
参考資料
もじもじ

喜んで反応する純一。この辺りの素直さもフラグ立て要素。橘家ではそれを聞いた美也も大歓迎。スイカとそうめんの生活と言っていたが、スイカがあれだけ送られて来ていたのか。

夏バテで食欲減退の純一とは逆に梨穂子は夏でもふくふくと食べ続けている。おかげで前よりも太ったんじゃないかと純一に指摘されて体重を計る事になった。いやいや、梨穂子、その生活をしていて普段自宅で計ってないのかよ。

保健室で体重を計って思い出される幼い頃の出来事。あの時も梨穂子と純一で計り合った。
純一、この時から変態紳士かよ!
参考資料

あの頃は先に身長が伸び始めた梨穂子が純一より大きかったが、今や明らかに純一の方が背が高い。だったら身長に胸囲を加えた値で比べようと、さすが紳士純一さん。紳士だからメジャーで梨穂子の胸囲を測る時も胸をぐりぐりしたりしません。

そんなお胸の素敵な梨穂子が純一の所に料理を作りに行くと言う事で、着て行く洋服を選ぶ。下着を選ぶ。替えの下着も選ぶ(をい

途中で茶道部のOGの二人に会って鰻を貰うが、それでもう夕食の主菜は終わりじゃないの?と思ってしまうのは私がいつもショボイ食事を食べているからだろうか。

その他の食材も買って、純一の所へ向かう梨穂子が軟派される。ああ、こいつ、最初の方でこの夏休みのうちに彼女をどうのこうのと一場面使って叫んでいたのはこの繋がりか。迫られる梨穂子が好きな人がいると断るが、その場面をアイスクリームを買いに来ていた純一が影から見ていた。
参考資料

あれって、電車の音で梨穂子が何て言ったか聞こえなかったと純一が迷走するきっかけか?
もっとも今期は前後編でしかないので次回であっさり解決しちゃうだろうが。

|

« 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕・第3話 | Start | 戦姫絶唱シンフォギア・第3話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/53782945

Folgende Weblogs beziehen sich auf アマガミSS+ plus・第3話:

« 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕・第3話 | Start | 戦姫絶唱シンフォギア・第3話 »