« 輪廻のラグランジェ・第2話 | Start | ゼロの使い魔F・第2話 »

未来日記・第14話

地下倉庫に閉じ込められてガス室化された或とまおと高坂王子。扉はどうやっても開かない。監視カメラの方をじっと見て脱出する方法を考える或。その一方でもう遺言メールを出す。それを見て思いつく事があった或。監視カメラに向けて声をあげた。

自分たちの力で中から開けられないのなら、外から開けるしかない。監視カメラでここを見ている筈の由乃を刺激して開けさせ様と言う作戦だ。そんな訳でカメラに向かって声を上げたのだが、ここの監視カメラは声も拾うのか。しかも、モニタールームからの声まで届くしw とりあえずこの設定を許容しないとここのやりとりが生きない。既に由乃の家の穴を調査して、そこから三人分の白骨死体を確認し、うち二人分の頭部が無くなっていたと。二人は多分由乃の両親だろうが残りの一人は誰なのだろうかと。こうして由乃を刺激しまくった上で、これらの事実を警察にメールする準備があると言う。そしてそれを止めたいのなら僕たちをここから出せと言うのだ。

果たして由乃がそんな普通の人間の常識に訴える交渉に乗ってくるだろうか。成り行きを見守っていたまおと王子だが、由乃は通信を切ってしまった。都合の悪い事は自分の記憶を書き換えて消去してしまう。これが今回のサブタイか。ともかく或の打った手そのものは失敗だった。

ところがここで意外な事が起きる。王子のスマホでノイズが発生し、日記が書き換わった。
参考資料
ええええええええw
KING日記はこの伏線だったのかよ!w

なんだその日記所有者見習いって。いきなり8thってなんだ。未だ出てきていないだろう。ともあれKING日記に未来の事象が書かれる。秋瀬の上に乗って排気口から脱出して王子キックで雪輝救出だそうだ。すごいじゃないか王子。しかし、排気口の事を或が見落としていたと言うのか?

事はKING日記のとおりに運び、王子はモニタールームに到着。意外な人間の闖入と、王子が飛び降りたポジションが良かった為に由乃の即座の攻撃が発動しなかった。そもそも何故下着姿なのか知らないが、文字通りの丸裸だから武器を手にしていなかったのだ。

で、やっぱ、何で裸なんでしょうね。
参考資料

鍵を手に王子に交渉をかける由乃。王子は由乃の恐ろしさを知らないからなあ。何とか意識が戻った雪輝が王子に忠告したくとも声が出ない。あっさり乗せられた王子が鍵を手に地下倉庫を開けて振り返ったらボウガンを構えた由乃。ああ、王子これでもう死亡かと思ったが、圭悟の時に躊躇無く頭を狙った由乃が何故か王子の時には足を撃ち抜いた。

或達は何とか出られたみたいだが、優位に立ったと思われた由乃を雪輝が止める。日向が床に落とした鍵を雪輝の方に蹴ってくれて、それで手錠が外せたのだ。

もう由乃の弁解は雪輝にはきかない。日記所有者三人がこちらに向かっているのが分かったが、由乃は雪輝に見捨てられ取り残される。私はどうなっちゃうのと言う由乃に知った事かと。圭悟の時も唐突に悪手を売って自滅したが、由乃も今回のは唐突だったなあ。折角雪輝の信頼を得られていた所だったのに、全て台無しにしてしまった。

鬼怒川温泉騒動の影で新たに日記所有者の動きが活発化。OPとかのシルエットで一番体系的な特徴のあった8thが遂に登場。
参考資料
今回の初登場時ではあまり悪意の無さそうな雰囲気だが、未来日記はこれまでも散々その期待を裏切って来たから今回もどうか分からない。

そしてすれ違った桑谷キャラ。これがホテルに向かっていた日記所有者か。
参考資料

|

« 輪廻のラグランジェ・第2話 | Start | ゼロの使い魔F・第2話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/53753227

Folgende Weblogs beziehen sich auf 未来日記・第14話:

« 輪廻のラグランジェ・第2話 | Start | ゼロの使い魔F・第2話 »