« 輪廻のラグランジェ・第3話 | Start | 男子高校生の日常・第3話 »

未来日記・第15話

あの監禁事件で由乃を拒絶した雪輝だが、生存戦略を由乃に頼り切っていた雪輝は今後どう生き延びたら良いのか苦悩する。そんな時にデウス・エクス・マキナからのメールが届いた。8thには派生した日記所有者が居るという事だった。

雪輝の他に或・王子・日向・まおの集まる場でこの事を確認する為に王子のスマホを床に叩きつける雪輝。スマホは壊れたがそれを見てのたうちまわる王子には実際は何も起きていない。つまり8thから派生した日記は実際の未来日記ではなくて、サーバ側にある日記を見ているだけだからいくらでも派生させられるのであって、端末の破壊は関係ないと言う事だ。どうりで王子が見習いになれた訳だ。

それにしてもラックマウントかブレードか分からんが、古典的なPCの筐体みたいな絵じゃないサーバの絵をちゃんと持って来ているじゃないかw
参考資料

8thの送り出す日記所有者の仕組みは分かった。そこでどう対処するかを考える或。それを見て自分を守ってくれるのかと問う雪輝。そう、みんな雪輝を守るつもりなのだ。王子が反論しようとしたがまおにぶっとばされて封じられるし。
参考資料
参考資料
参考資料
まお、最近めきめきとキャラが立って来たなw

迫り来る三人の日記所有者は王子の家、高坂家で迎え撃つ事にした。広いからと。
ちょw、広すぎワロタw
参考資料

これだけ広大な敷地を利用して、侵攻して来る日記所有者を奥深くまで誘い込み、冬が来て冬将軍が吹き荒れるのを待つ敷地内の中継局からしか電波が届かない状態にしてから中継局をダウンさせて孤立させようと言う作戦だ。確かにこれをやるには広大な面積が必要。

ところがリモートで中継局をダウンさせる直前に邸内の電源がダウン。そのせいでリモート装置が効かない。近づいてくる二人にどうしようか困惑している雪輝の前に由乃が現れた。由乃が雪輝を守ってやると言う。この状況を作る為に由乃が電源を落としたのか。これを見て或が落ち着いて由乃を招き寄せる。そのすきに或と王子とで中継タワーまで行って中継局をダウンさせる。

警察が二人を足止めする筈だったが、戦場マルコに西島がふっとばされる。元々戦闘力はあるみたいだが、日記で相手がどう来るかも読んで圧倒的な強さ。逃げる過程で日向とまおがナイフの餌食になり、追い詰められた雪輝はとうとう由乃の腕の縄をといて頼る道を選ぶ。

由乃、強すぎワロタw
参考資料
そうこうするうちに或が中継局をダウンさせる事に成功して、サーバとの通信手段を失って交換日記を見られなくなったマルコと愛だが、二人とも別に日記を持っていた。正式には二人で7th。だからサブタイトルがダブルホルダーなのか。これ、色々卑怯だろ。7thが8thの日記を使う理由が今のところ無いじゃないか。

流石の「化け物」由乃も二人相手では敵わず、やられてしまう。それを傍観していた雪輝に怒りのマルコ。マルコの怒りも分かるし、雪輝が腰抜けなのも分かるが、それとは別に命をかけきれない相手の由乃の特別性も分かってやってくれ。

高坂邸は炎上し、雪輝と由乃はそこに取り残されるが、救出が早くて命は助かった。但し二人の携帯はマルコと愛に奪われてしまう。

はて、マルコと愛、そしてその背後に居る8thの最終目的は何なのだろう。炎上する邸内に雪輝と由乃を置いたと言う事は、殺意はあったのだろうが、一方で未来日記を搭載した二人の携帯は奪ったままで破壊されていない。だから二人はまだ生き残っている訳だが。

作戦が失敗し、傷ついた雪輝の所にあやしい看護師が。
どう見てもみねねです。
今回雪輝達が戦った相手がどんな日記所有者でどんな戦いをしたのか教えろと言う。

みねねが雪輝達にどこまでどう思っているかは別として、確かにこの後生き残る為には8thや7thの情報は必要だろう。

今回で7thと8thが正体を明らかにしたので、未だに姿を見せていない日記所有者は11thだけか。

|

« 輪廻のラグランジェ・第3話 | Start | 男子高校生の日常・第3話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/53807443

Folgende Weblogs beziehen sich auf 未来日記・第15話:

« 輪廻のラグランジェ・第3話 | Start | 男子高校生の日常・第3話 »