« 偽物語・第4話 | Start | 未来日記・第16話 »

輪廻のラグランジェ・第4話

転校生を紹介します。
てっきりランの事かと思ったら、ムギナミだった。どんな素性か分からないムギナミが入れるなんてまどか達に言われる様ないいかげんな学校だ。まどかはムギナミに既視感があるのだが、ムギナミは以前どこかでお会いしましたっけ?とか言う。そのくせまどかをフルネームで呼んでみたり、どんなポジションなのかちょっと不安定すぎる。

こんなよく分からん転校生を受け容れる懐の深い鴨川女子高はようこや田所の訪問とその説明をあっさり受け容れてまどかを応接室に呼び出して本人の意思確認をする。この三人、旧知の仲なのか?ようことまちこにかかっては田所司令もかたなし。

説明を聞いてようやくウォクスを宇宙人に引き渡せば戦わなくて済むんじゃないかと思い至ったまどかだが、その前に引き渡したら「悪の宇宙人によって」宇宙征服に使われると言っていたじゃないか。ただ、その説明はフィンから受けたもので、フィンが本当の事を言っているのかどうかは不明。ともかく、ウォクスを発掘してしまった時点で地球は宇宙戦争に巻き込まれてしまったと言う訳だ。

そして「視聴継続か打ち切りかの分岐点の第3話は水着回!」と言われている第3話は1話過ぎちゃったが、4話で水着回。鴨女の遠泳大会だそうだ。
参考資料
鴨川、聖地巡礼を歓迎してるみたいだが、当然このイベントはやってくれるよね?w

お嬢様は洋上でまどかの安全を監視。
参考資料

これに気がついたムギナミが背後に回ってランのボートをひっくり返すのだが、実はランは泳げない。溺れるランに気づいたまどかが助けに行くが、しがみつかれて自分も巻き添えになりそうになった所でムギナミも駆けつけてランを救出。心臓マッサージと人工呼吸でからくも息を吹き返したラン。ムギナミ、あまり他意はなくていたづらにひっくり返しただけだったのか。相変わらずポジションの分からない子。

まどかはランの手際を見てジャージ部に誘う。どんな部か分からないと言うムギナミにランは「入ってから教える」って、そりゃひどいw

まどかが急速にムギナミと仲良くなり、何でも出来るムギナミの一方で何も出来ない自分が気になって様子を窺っているラン。

ムギナミがB.W.Hが混雑して来てお手伝いをしててきぱきとこなすのを見て、ランも手伝うと言う。ムギナミがその姿態仕草でお客さんを魅了し、ランはドジっ子でお客さんを魅了してB.W.Hが大繁盛w
参考資料
参考資料

ムギナミはそのままB.W.Hで暮らす事になるが、いや、いくらなんでもこれは設定がずぼらなんでは。この事態を座視出来なくなったのかとうとうランが鴨女に転校して来た。


ところで、宇宙人の連中、何やってんの?


ランの不器用さとかはいいんだけど、あの「ワン」はあざとすぎてちょっといただけない。
あれが無ければ良い子なのに。

|

« 偽物語・第4話 | Start | 未来日記・第16話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/53864006

Folgende Weblogs beziehen sich auf 輪廻のラグランジェ・第4話:

« 偽物語・第4話 | Start | 未来日記・第16話 »