« 輪るピングドラム・第23話 | Start | 未来日記・第11話 »

WORKING'!!・第12話

「デイジー死す」
参考資料
サブタイにまでなってるから取り返しの付かない程の惨状となって山田が落ち込むのかと思ったら、そうでもなかった。

まひるが宗太を殴らない記録を続けている。しかしそれは山田に言わせてみれば嘘の記録。確かに殴らない様に何となく宗太を避けているが、そりゃ避けていたら殴りもしまい。そんな訳で宗太以外の誰かを使って特訓しようと言う話になったが、宗太以外の男では相手が死んでしまう。じゃあ強そうな人と言う事で杏子に白羽の矢が立ったが、胸が隠せなくて男装失敗。

どこかに胸の小さいスレンダーな女性はいないだろうかと言う事で、結局まひる自身が男装する事になった。いや、それってあまり練習にならんのでは。山田が一生懸命探して来たフロア用の制服を着てみたまひる。ところがこれが宗太のだと分かって真っ赤になって引きちぎるまひる。
参考資料
あ、見えた。
でもぽぷらが的確に隠しているw

宗太も元凶は山田にあるのでまひるは責めなかったが、なんで宗太の制服しかないとか言っておいて代わりがあるんだ。
とりあえず、もっと慣れる為にメールのやりとりをしようとまひるに言う宗太。

どんどん深みにはまっとるじゃないか、宗太。

そう言う宗太とまひるの間の話を聞いて、どこをどう見てもまひるの好きな男性って宗太の事だろうと気がつく山田兄。それに全く気がついていない宗太に対して「小鳥遊君、君はバカだなw」。

宗太、一番言われたくない相手と言うが、事実だからしょうがない。
それにしてもあっさりと受け流すとか、山田兄はまひるへの執着はそんなものなのか。

佐藤は一人暮らし。

札幌近辺に住んでいて、札幌の大学に通学していて、それで部屋借りて一人暮らしとか、どんなブルジョアだよ。そう言うのは、本を溜め込みすぎて家を傾けてしまったから本ごと追い出されたとか、そう言う場合にだけ許されるんだよ。
#しっかし最初から10,000冊位本があるって言っておいたのにそれを持ち込んだからって傾く家とか、そもそも設計ミスだろうが、ぶつくさ。

山田も一人暮らしで佐藤より年下でそうなのだから佐藤より偉いとか言い出して二人から制裁を受ける山田。
参考資料
よるに一人だろうと立派に過ごせると言った矢先に、コンビニで本を立ち読みして戻って来るのが遅くなって閉め出しを喰って泣き出す山田。
「おかあさ~ん」

北海道だと寂しいとかそう言う以前に夜は冷え込むから野宿ってのはきつくてそれで途方に暮れると言うのはあるだろうなあ。いや、東京だって夏以外は嫌だし、夏は夏で外は蚊だらけで嫌だし。

様子を見に佐藤が戻って来たおかげで何とか救われる佐藤。ひょっとしたら一人暮らしの話をしていたから「俺の所に来るか」と言う冗談を言うのかと思ったら、あっさりぽぷらの所に預けた。
参考資料

まひるの宗太殴らない記録はその後も続いていたが、別の特訓と言う事でワグナリアの男性従業員と顔合わせするドキドキツアーに出かける。佐藤はあっさり逃げ出して、次に連れて来られた相馬がうっかりまひるの前に突き出されたものだから遂に我慢出来なくなった真昼の鉄拳が飛ぶ。
参考資料
あ、これでデイジー死んじゃったのかw

最後、宗太とまひるの距離がまたちょっと近くなった気もするが、この作品、次回が最終回と言ってもまあくっつかないよね。佐藤も決心しただけだったし。

|

« 輪るピングドラム・第23話 | Start | 未来日記・第11話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/53514571

Folgende Weblogs beziehen sich auf WORKING'!!・第12話:

« 輪るピングドラム・第23話 | Start | 未来日記・第11話 »