« ジュエルペット サンシャイン・第38話 | Start | 建築知識2012年1月号・萌える! [建築基準法] »

輪るピングドラム・第24話・最終回

冠葉と晶馬が閉じこめられていた箱が彼らのどの時代で何だったのか、眞悧の策謀でその片方である冠葉が操られていたのが、その箱時代の分かち合いで元の姿を取り戻した結果がこれなのか、終盤の描写が現実世界から乖離したせいでよく分からなかったが、結局その二人を助けてくれたのが苹果と言う事になるのか。序盤で苹果編とか書いてみたが、苹果編どころか苹果が居なかったら全体の話が成り立たなかった程の存在になっていた>苹果。
参考資料

苹果の役割の軽重が定まらなすぎたんじゃなかろうか。

陽毬が冠葉を止めると言ってあの家を出て行きながら、結局冠葉の暴走に為す術無く命を失いかけるが、陽毬自身には世界線の乗り換えと言う意味は理解できていなかったと考えるべきなのか。それに対して苹果は事態が理解出来て、ダブルHの持って来た新曲CDが乗り換えの呪文と悟る。

あのダブルHの場面、ちゃんと意味あったんだね。
と言うかダブルHに意味があったのは何となく嬉しい。
参考資料

「選んでくれてありがとう」で陽毬が晶馬との絆を持てたのは分かるが、晶馬と冠葉の絆は何だったのだろう。あの運命のりんごがそうなのか。三人とも別々の家族だったのがあんなに仲の良い兄弟妹になった。高倉父母のした事は別にして、あんな三人兄弟妹の家族を築けたのだけは功績なんじゃなかろうか。世界を浄化しようとしたくせに。
参考資料

結局この作品のテーマは子供への愛なんだか何だかよく分からない結果になったが、作品自体は好きだった。最終回を迎えて「あー、これも終わっちゃうのか」と惜しむ作品はそう多くはないが、これはそれを惜しむ作品だ。

それにしても序盤の「生存、戦略ーーー!」から見たら随分毛色が変わったものだw
参考資料
あれは掴みってヤツですかね、やっぱり。


それにしても、鷹の爪団、最終回にこのCMはやめれw
参考資料

|

« ジュエルペット サンシャイン・第38話 | Start | 建築知識2012年1月号・萌える! [建築基準法] »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/53559876

Folgende Weblogs beziehen sich auf 輪るピングドラム・第24話・最終回:

« ジュエルペット サンシャイン・第38話 | Start | 建築知識2012年1月号・萌える! [建築基準法] »