« 冬のアニメ新番組で事前の浸透度が高いのはどれ? | Start | WORKING'!!・第12話 »

輪るピングドラム・第23話

真砂子、治安部隊との交戦で瀕死の状態になったのか。そんな真砂子をも生き返らせる事が出来る眞悧なら陽毬だって助けられる。眞悧の命ずるがままに世界の浄化に突き進む冠葉。

一方晶馬は陽毬から冠葉を止める様に頼まれる。「かんちゃんは私が命に替えても止めてみせる」と言った前々回からもうこんな状態になっちゃったか。でも冠葉はそんな陽毬の願いを無にして晶馬を撃ち倒して陽毬を掠って行く。治せると言う眞悧の所へ。

その眞悧は世界の浄化へ向けて冠葉を使って着々と計画を進める。ゆりから苹果の所へ戻った日記帳の始末にとりかかる。この眞悧の以前の計画はこの日記帳を使った桃果によって阻止された。今度もその日記帳を誰かが行使する事で計画を潰されるのを恐れた眞悧は冠葉を使って苹果をサンシャニー国際水族館に呼び出し、時限発火装置で燃やしてしまう。

時限発火装置って書いたが、あれは時限爆弾だよね。でもあんな至近で爆発して苹果はかなり無事なんだよね。火だけついて。だから時限発火装置としたんだが。それでもかなりの傷を負った苹果は発火した日記帳の火を消す事は出来ず、あっと言う間に日記帳は灰燼に帰する。燃えるの早い。まるでティッシュペーパー。
参考資料

日記帳には世界線を乗り換える呪文がある筈だったのに灰になってしまった。
でも帽子様は言う。晶馬に冠葉とともに眞悧を止めろと。

おい、帽子様は桃果のなれの果てかよ!w
参考資料
参考資料

だったらもっと早くはっきり言えば良かったのに。

一方の眞悧の方は二分裂して黒ウサギになったのか。

で、あの檻は何?

|

« 冬のアニメ新番組で事前の浸透度が高いのはどれ? | Start | WORKING'!!・第12話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/53507370

Folgende Weblogs beziehen sich auf 輪るピングドラム・第23話:

« 冬のアニメ新番組で事前の浸透度が高いのはどれ? | Start | WORKING'!!・第12話 »