« 山手線のけいおん!ラッピング電車 | Start | ベン・トー・第8話 »

侵略!?イカ娘・第8話

「留守番しなイカ!?」

相沢家では海の家れもんをやってる時は必ずたけるが留守番していたの?と言う訳ではない気もするが、今回は特に空き巣が発生していると言う事もあってイカ娘が留守番。さっそく栄子の訪問販売の芝居にひっかかるが、次からはもう大丈夫だとか言いながら玄関の鍵を閉めていない。
参考資料

そして間髪置かずに空き巣侵入。中にいたイカ娘とはち合わせする事になるが、空き巣って鍵がかかっていないからと言ってこんなに不用意に侵入して来るものなのか。普通なら不審者として通報されるか騒がれるかするのだが、イカ娘が千鶴の父親と勘違いした所で話を合わせようとした空き巣がどんどん勘違いの渦に巻き込まれて行く。

イカ娘がここの子供じゃないと言う感じの言い方をしたらこいつも同業者だったのかと。いやいやいや、普通に考えたらここに遊びに来た他所の子だろ。同業者な訳ないじゃなイカ。侵略部って名前も変だと思えよ。

そんな空き巣だが、イカ娘を体よく千鶴の所に追っ払う。れもんに着いたイカ娘の説明から栄子はすぐさま空き巣と悟って家に急行したが、その頃には件の空き巣は警察に捕まって連行される所だった。

誰が通報したの?と思ったら早苗。早苗が冒頭で「監視カメラの調整」と言っていたのは相沢家に設置した監視カメラかよ!w


「断たなイカ!?」

海老に釣られて三バカの単純な罠に嵌ったイカ娘。一旦は海老断ちを宣言するものの、千鶴の用意した海老フライにまたも釣られて口に入れてしまったら、実は毒入り。

と言われて、寿命の縮む思いをしたイカ娘は本格的に海老断ちを決意する。
参考資料
しかしそう言う日に限って周りは海老の誘惑だらけになる。しかしそのうちにげっそりとした状態ながら海老に釣られなくなる。

「こんなグロテスクなものを好きこのんで食べるなんてどうかしてるんじゃなイカ」
そうそう、そんな昆虫と同類の連中は気持ち悪くて食べる人間の気が知れないね!w

でもイカ娘は海老以外でも栄養補給は出来るんだろうから、何もそこまで疲弊せずとも。

遂に海老が口にできなくなってやつれたイカ娘に千鶴が海老の入った海老餃子を食べさせて漸く復活。だから、海老が食べられないだけでなぜそこまでw


「熱中症じゃなイカ!?」

イカ娘、熱中症で救護所に運び込まれる。以前から水棲生物のくせに夏の陸上じゃ干上がるんじゃないかと思っていたが、熱中症でやられたか。動くのもままならぬ様子だ。そこに新に要救護者が運び込まれる。早苗じゃなイカ。

一瞬、イカ娘と一緒に寝る為に熱中症を装ったかと思ったが、早苗も本当に熱中症らしい。この動けない状態で早苗に好きな様にされたら大変、何をされるのかは分からないが、それだったら死んだ方がマシでゲソと言うイカ娘。
参考資料


死んだ方がマシと言われる早苗ってw


結果的に早苗の方が回復が早かったのだが、危惧した「死んだ方がマシでゲソ」な事はされなかった模様。
それどころかイカ娘が回復するまでかいがいしく看病する早苗。

あれだ、食べ物は太らせてからってやつか。

|

« 山手線のけいおん!ラッピング電車 | Start | ベン・トー・第8話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/53365758

Folgende Weblogs beziehen sich auf 侵略!?イカ娘・第8話:

« 山手線のけいおん!ラッピング電車 | Start | ベン・トー・第8話 »