« ベン・トー・第4話 | Start | ちはやふる・第5話 »

侵略!?イカ娘・第5話

「ラジコンじゃなイカ!?」

たけるがお小遣いを貯めてラジコンカーを買った。面白そうに操縦するたけるを見てイカ娘が興味を示す。ちょっと貸してくれなイカと言い出す。それ、破壊フラグ?室内でぎゅんぎゅん走らせるイカ娘。結構操縦がうまくてぶつけそうで寸前で止める。栄子が突然入って来て危うく踏みそうになるが、これはなんとか栄子が回避。どんどん破壊フラグが立って行くぞ。

友達からの電話でたけるは遊びに行ってしまうが、その間に禁止されていた屋外でのラジコンをやってしまうイカ娘。どこからどう見ても破壊フラグです。とうとう海岸にまで持ち込んで、そして遂にやってしまう。屋外にするにしてもこの後の「一人遊び」で行った公園にしておけば良かったものの。

帰って来たたけるにリモコン遊びをしようと言うイカ娘だが、単にイカ娘を前進後退させるのでは面白くない。そこに栄子がやって来て風呂掃除しろとリモコンで命令を下したところ、怒ったもののもくもくと風呂掃除を始めるイカ娘を見てこれは何かあると悟った栄子が部屋に戻ってみると壊れたラジコンカーが。

たけるは仕方ないよと言うが(出来た子すぎる)、悲しんでいるのは一目瞭然だし、イカ娘も後悔にうちひしがれる。
参考資料
しょうがない、ここは私の出番と栄子が三バカにラジコンカーを修理して貰った。

以前より全然自由に動くラジコンカー。偉い、三バカ。珍しく人様の役に立ったじゃないか。見直した。
参考資料
と思ったら新設のMITボタンを押したら凄まじい勢いで天空に旅立つラジコンカー。

当然のオチとは思うが、ともあれたけるとイカ娘ふたりを悲しみに沈んだ状態から掬い上げた功績だけは認めよう>三バカ。


「七夕じゃなイカ!?」

七夕の願いってひとり一個だったのかw
いや、かと言って二つも三つも書いた事はないけど。て言うか今年の七夕で会社の中に設置されたのに何て書いたっけ・・・・あ、思い出した、おれつばの成田隼人の自制の台詞を書いたんだった(「世界が・・・」)。

そう言われても願いを一つに絞りきれないイカ娘。清美は迷い無く願いを書いたと思ったら、裏に真の願いがwでも未だ未だ中学生なんだからあまり気にしない方が。
参考資料
しかし栄子の「進級できますように。」と言うのも大概だなあ。進学じゃなくて進級だものなあ。

絞りきれない願いをたけるとその友人達が補ってくれた。イカ娘、小学生に人望が厚すぎだろ。ところがいざそれを飾ろうとすると、侵略の願い以上に世界平和を願う短冊の多い事。きっとみんな成田隼人の真似したんだな(違

それ以上にイカ娘本人を狙う願いも。結局自分の身の安全を最優先するイカ娘。


「一人遊びしなイカ!?」

早々と夏休みの宿題を済ませてしまって、後は思い切り遊ぶだけのたけるだったが、友人達はみんな都合が悪くて一緒に遊べる子が居ない。それにしてもたけるはAパートと言い、Bパートと言い、そしてこのCパートと言い、優等生すぎるだろ。

そんなものTVを見れば問題なしと言うイカ娘だが、「十秒」って台詞だけで笑い転げるイカ娘の基準ではTVを見てられない。

栄子に外で遊んで来いと言われて公園に行ったふたり。
参考資料
ここでもイカ娘は存分に一人遊びに興ずる。それに対してたけるは木陰に佇むサラリーマンらしき男性に大人の悲哀を感じる。だからできすぎた小学生だって、たけるはw

結局そのまま二人は公園でそれぞれ一人遊びをして(と言うか、たけるは考え込んだだけ)帰って来たのだが、栄子に言われるまで二人で遊ぶとか考えなかったのか。てっきりわざと一人遊びを極めようとしていたのかと思った。

|

« ベン・トー・第4話 | Start | ちはやふる・第5話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/53139182

Folgende Weblogs beziehen sich auf 侵略!?イカ娘・第5話:

« ベン・トー・第4話 | Start | ちはやふる・第5話 »