« ちはやふる・第7話 | Start | 僕は友達が少ない・第7話 »

マケン姫っ!・第7話

冒頭でいかにも「私たち凄いんですよ」と言う演出とともに新キャラ登場。ところがこの連中の素性がよく分からないのだ。惚けた頭で見ていたせいか、カミガリと関係ありそうに聞こえたのに、天日学園としては一応納得している相手に見える。そしてそのVENUS部隊を率いる古大赤耶は学園長や六条実の知り合いで実とは一緒に初代マケンキのメンバーだったそうだ。


え?


天日学園って今年から共学になったばかりじゃないのか?
何故女子校だった天日学園の学生組織のマケンキのメンバーに男の実と赤耶が入ってるんだよ!ちゃんと説明しろよ!

そんな疑問と言うか矛盾を放置して話は進む。何が目的か分からないが、VENUS部隊は留学生として天日学園にやって来て夏休みまで一緒に過ごすと言う。統制会の楓蘭会長は赤耶が見た目が紳士的な為に男であるに関わらず気に入った模様。それで統制会とVENUS部隊の交流の話になるのだが、自己紹介の場面でヤン・ミンが挑発的な態度をとった為にまっさきにアズキがそれに反発。結局実力を試す勝負と言う事になるが、マケンキ内部での決闘は御法度と言う事で、代わりにスポーツで、バレーで勝負しましょうと言う事になる。

いきなり力を見せつけるヤンに春恋・アズキ・チャチャも本気を見せる。
参考資料
なんか、見えてますね。
多分これが描きたくてバレーにしたんですなw

ところで何故コダマはチアガール。コダマがバレーやっても良かったのに。このチームはでかくないとダメとか言う理由で選抜したのか。

両者譲らずに14対14となっていよいよヒートアップ。それ、バレーちゃう。天井にぶつけたサーブなんていいのかとか見てたら、アズキはボールを蹴ってないか。
参考資料

しまいにはバレーと関係なくなってマケンでの勝負になってしまった。力と力の勝負の中にタケルが「はるねえ、危ない!」って、お前じゃ何も出来んのによく突っ込んで行くな、またラッキースケベ狙いかよ!と思ったらその予想は半分程合っていた。爆発後の惨状のあと、春恋が先に立ち上がったのでじゃあタケルのラッキースケベの相手は勝負相手のデミトラかと思ったら、全然違う方向のシリア大塚。
参考資料
このせいで会った時からキュートボーイとか言っていたシリアがタケルの事を気に入ってしまうし、デミトラ達も仲間を救ってくれて感謝するとか、おい、そんなんで全ての矛が収まるのかと言う超展開。

原作もこんな話なの?元女子校と言う設定と矛盾する話が平気で登場したり、無茶な展開したり。


次回予告
コダマ「春恋と言い、イナホと言い刈り上げメガネのヘタレ男は一体何が魅力なんじゃろう」
まったく、姫神様のおっしゃる通りでございます。

|

« ちはやふる・第7話 | Start | 僕は友達が少ない・第7話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/53268690

Folgende Weblogs beziehen sich auf マケン姫っ!・第7話:

« ちはやふる・第7話 | Start | 僕は友達が少ない・第7話 »