« 未来日記・第7話 | Start | ベン・トー・第7話 »

侵略!?イカ娘・第7話

「もてなさなイカ!?」

海の家れもんにあの南風のおやじがやって来た。このあと時間があるならうちに来なイカ?と
ウチくる!? …いくいくっ! ってやつですな。
栄子達の返事が「いくいくっ!」って感じではなかったみたいだけど。

行ってみると結構でかい。庭には奇妙な花壇があるし。イカ娘の頭の試作品の流用らしい。鮎美は栄子達が来る事を知らされていなかったらしくびっくりして出迎え。中に通されておやじのぶっきらぼうな質問に答えているうちに場もなごんで・・・来てない。そのうちにおやじが引っ込んだかと思ったら、時折包丁を手に出てきたりする。それに恐怖する栄子だが、いや、いくらなんでも未来日記の由乃じゃないんだから。

途中でトイレに行くイカ娘と栄子。トイレは別棟なのだが、別棟になる程の内部装備。て言うか、それ気持ち悪いだろ、安心してトイレ出来ないだろ。
参考資料

おやじが包丁を手にしていたのはやはり料理していたからで、結構なものが出てくる。しかも美味しい。思わず作り方を聞く栄子だが「教えん!」と。まあライバル店だから・・・と言ってもビーチとしては別だよね。

今回の突然の招待は栄子達によって鮎美が以前よりも人見知りしなくなったお礼の意味だった。このぶっきらぼうおやじなりのお礼だったのだ。

でも21時になったらいきなり追い返すけどねw


「記憶喪失じゃなイカ!?」

海老フライに釣られて急いで階段を下りてきたイカ娘が足をすべらして転落。頭を強く打って記憶喪失になってしまった。こう言う時こそ触手で何とかできなかったのか。階段は怖いぞ、塩沢兼人さんはそれで亡くなったんだから…

記憶が無くなっても本能でたける・栄子・千鶴への反応が変わるイカ娘w
参考資料

イカ娘が記憶喪失と聞いた早苗とシンディーの反応は予想どおりだった。覚えていないのを良い事に勝手な過去を捏造。それでも本能が早苗を拒絶する。

イカ娘自身について海から来たと言われても、それを一蹴するイカ娘。海から来た私がどうして肺呼吸出来るかと。それは或る意味その通りだが、肺呼吸する生物が海を棲みかにしないと言う訳でもないから。

最後には帽子を取ったからと言って死ぬはずがないと取ろうとするが、ちょっとだけ隙間が出来ただけで墨が漏れて死にそうになり記憶が走馬燈となって蘇る。おかげで記憶喪失も治った訳だが、あの死ぬ前の記憶が走馬燈となって蘇る力で記憶喪失を直すってのは新しいな。


「入部しなイカ!?」

清美の学校に行って、部活を見たイカ娘は侵略部を作って部活動する事にした。イカ娘、小学生のみならず中学生にも人望があるなあ。とは言ってもどう侵略するかだが、まさか女子中学生を侵略の手先にも出来まい。

そうするうちに名案が浮かんで、侵略部の5人が揃って行った場所を侵略した場所としてそれを結んだエリアを侵略エリアとして地図に書き込もうと。

地図的に海の家れもんからまっすぐ陸側に行った場所が相沢家になりそう。そして清美達の中学校はそこより西。

そうやって次々と5人で侵略地点を増やして行く。
参考資料
これ、やっぱり横浜そごうか?

ところがある日、清美が来ない。5人揃わないと侵略した事にならないので、この日は部活中止。栄子から無理矢理招集した侵略部に来たくなかったんじゃないかと言われて気に病んだイカ娘だが、翌日、清美が風邪で学校を休んでいると言うのが分かった。って、事は残りの3人は清美とはクラスが違うのか?

これじゃ侵略部の活動は今日も出来ないねと言うみんなに栄子が良い事言う。清美の所にお見舞いに行って、これで5人揃って清美の家も侵略エリアに。

ここで南風のおやじみたいに「だが断る」とか清美が言ったらどうしたものかと思ったがw、流石にそれは無かった。

そしてオチは期待通りにお見舞いに行ったイカ娘が風邪をうつされて寝込む。人間の風邪がうつるんだな。流石肺呼吸出来るイカ娘。

侵略マップを実際の地図になぞらえてみると、こんな感じ?
参考資料
参考資料
まさに由比ヶ浜近辺。


ところで前回のジョギングしなイカ!?の舞台探訪した人がいるんですね。
ジョーク、ジョーク、ジョックン - 「侵略!?イカ娘」聖地巡礼(舞台探訪) その2
しかも箱根と熱海にまで!w

|

« 未来日記・第7話 | Start | ベン・トー・第7話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/53309074

Folgende Weblogs beziehen sich auf 侵略!?イカ娘・第7話:

« 未来日記・第7話 | Start | ベン・トー・第7話 »