« マケン姫っ!・第3話 | Start | ギルティクラウン・第2話 »

UN-GO・第2話

ブルーライト・ヨコハマクソワロタw
どんだけおっさんホイホイなんだよ、UN-GO。

ブルーライト・ヨコハマ、流行ったなあ。そうですか、お祖母ちゃんの時代にね。うん、随分昔だから。流行ったせいで赤塚不二夫なんて確か連載中のもーれつア太郎の中で誰かに歌わせていたと記憶している。今みたいな著作権に厳しい時代じゃなかったのであれは許可を取っていたのかどうか。音楽は昔から厳しいから取っていたかも。ただ、まだマンガの柱に音楽著作権許諾とかの注が入らない時代だった。

そしてヒロイン(とおぼしき)キャラにこんな格好させるとか、どんなツボを押さえてるんだ。
参考資料
へそ出しジャージだよ、へそ出しジャージ。
今後も梨江の普段着はこれでw

話の方は今回もそれなりにちゃんと推理物。それはいいのだが、1話で1エピソードとなるとやっぱり駆け足だと思う。2話で前後編にしてもいいんじゃないだろうか。

「物売るってレベルじゃねーぞ」は是非ともあの顔で言って欲しかったw

|

« マケン姫っ!・第3話 | Start | ギルティクラウン・第2話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/53049902

Folgende Weblogs beziehen sich auf UN-GO・第2話:

« マケン姫っ!・第3話 | Start | ギルティクラウン・第2話 »