« C3 -シーキューブ-・第2話 | Start | ベン・トー・第1話 »

未来日記・第1話

いきなりグロい。こりゃダメかな。そう思ったアバン。

市立桜見中学に通う主人公の天野雪輝。中学らしく制服じゃなくて私服姿の同級生だが、雪輝はつきあいの悪いヤツとして孤立している。そして家に帰ってから妄想の世界へ没頭。どこで始まったのか携帯に淡々と日記をつける様になって友達つきあいが無くなった様だ。

ところが妄想の中の若本様ことデウス・エクス・マキナが新しいゲームを始めると言い出してから人生が変わる。雪輝の厨二設定の神様が実際に動き出した。

これまでつけてきた携帯の日記に未来時間の日記が書かれている。そしてその通りの事が起きる様になった。

ここでこれは「グロるピングドラムかよ!」と思ったw

未来の事が書かれると知った雪輝は単純に喜ぶが、自分が書いた事が未来に実現するんじゃなくて、単に未来の事柄が書かれるだけじゃひょっとしてヤバいんじゃないかと気がつかないのか。厨二だしなあ。小テストも解答が既にあるから楽勝・・・って、その程度の答え暗記しとけよ、携帯見ながら書いたら見つかった時にカンニングになるだろ。

ところがひとりおかしい子がいる。どうも雪輝の事が分かっている様なそぶりを見せる我妻由乃。雪輝の妄想の中でしか居ない筈のムルムルの粘土細工を作るし、逃げても雪輝の先回りをするし。そして建設中のビルのエレベーターに追い詰められる。

て言うか、雪輝と由乃ちゅーしてるんですけど(またか
参考資料

実は由乃は雪輝のストーカーで(なんで雪輝など選んだんだ)、しかも同じ未来日記の保持者。別の未来日記の保持者である通り魔の火山高夫によって雪輝が殺されるのを防いでやると言う。この日記は変更可能なんだ。

由乃がおとりになって高夫の注意を逸らした所で雪輝がダーツで高夫の携帯を破壊して高夫が消滅。

このあとデウス・エクス・マキナによって日記保持者が招集されて詳しい説明が行われる。何も知らなかったのはどうも雪輝ばかりで他の保持者はそれなりに知っていたみたいだ。このゲームのルールは日記保持者がお互いを消し合い、残った一人がデウス・エクス・マキナの後継者になれると言う。1stたる雪輝に3rdの高夫は既に消されて11人いる11人になっており、最初の勝者雪輝が他の保持者に目を付けられる事に。

でもこれは雪輝が為し得た事じゃない。ストーカーの由乃が援助してくれたから。
そしてこのゲームは最後のひとりが勝者になると言う事は、もし雪輝と由乃が勝ち残ったらどうなる。


おまけパートも面白かったw
冒頭の印象とは違って、先が楽しめそうな感じ。
それにしてもはがない雪輝やストーカー由乃は別として他の連中は何故せっせと日記をつけていたんだ。

|

« C3 -シーキューブ-・第2話 | Start | ベン・トー・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/52955606

Folgende Weblogs beziehen sich auf 未来日記・第1話:

« C3 -シーキューブ-・第2話 | Start | ベン・トー・第1話 »