« UN-GO・第1話 | Start | ラストエグザイル-銀翼のファム-・第1話 »

僕は友達が少ない・第2話

順調に隣人部の部活がスタート。夜空の提案でPSPでゲームの腕を磨く事により友達を獲得しようと言う事になった。週明けの月曜日に各自PSPでモンスター狩人をやって来る様にとのこと。

あけて月曜日、小鷹はレベル1で、夜空はレベル3だったが、なんと星奈はレベル6。この週末にやりこんだらしい。顔が大事みたいな子が目の下にクマを作っていいのか。この辺り、星奈はかわいげがあるなあ。
参考資料

ところが通信で繋げてゲームを始めてみたら夜空と星奈が足の引っ張り合い。いや、あしの引っ張り合いどころか対決してる。おかげで時間切れでミッション失敗。

それにしてもゲームの中での小鷹。
名前がホークって、ああ本来の名前にも鷹があるからか。でもこれで「ホーク」って言われちゃうと俺翼の「なんたるホーク卿の徳高きことよ!」を思い出しちゃうよw

こんなものやってらるかと放り出す二人。大体、通信機能のあるゲームなんて他人に気を使わなくちゃいけない、ゲームでまでそんな事やってられるかと言うが、いやいや、別の意味で他人に気を使っていただろお前らw。

小鷹はちょとはまじめにゲームをやり進めたのだが、クラスでやはり同じくやっているヤツを見つけてアイテム交換を申し出たものの、
参考資料
あーw、小鷹が友達が出来ない理由はなんだか納得できた。


さて、PSPがダメならとゲーム機本体を学校に持ち込んだ星奈。これでギャルゲーをやる事で女の子の友達を作るコツを覚えるのだとプレイ開始。

しかし折角の出会いシーンで「最初からなれなれしく話しかけてくる女はビッチだ」と夜空と意見が合致して 藤林あかりに酷い扱いをする。そして図書室で出会った長田有希子(長門有希かよ!w)には何となくフラグ立てに成功したかに見えるのだが、その後の有希子の様子がおかしい。どうやらあかりに冷たくした事が悪い噂となって流れている様だ。
参考資料
小鷹は女子生徒になる必要ねーだろw

一度は挫折したかに見えた星奈のプレイだが、どうやらまたも星奈は夜を徹してプレイしてキャラを次々と後略したらしい。また目の下にクマができてるって。
参考資料
「きらスクは人生」w


しかし、すぐに友達が出来ずとも隣人部の三人で和気藹々とゲームが出来たら違ったろうに、なんたる隣人部の残念ななことよ!

|

« UN-GO・第1話 | Start | ラストエグザイル-銀翼のファム-・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/52991530

Folgende Weblogs beziehen sich auf 僕は友達が少ない・第2話:

« UN-GO・第1話 | Start | ラストエグザイル-銀翼のファム-・第1話 »