« アニッコVol.11は「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 | Start | 侵略!?イカ娘・第4話 »

未来日記・第2話

未来日記と言う存在はトンでもない物としても、それ以外の日常は一応普通なんじゃないかと見ていたら、トンでもない設定の女子学生登場w

傍観者を決め込んでいた筈の雪輝は、突如として時期時空王の座を巡って命を賭けたサバイバルゲームに放り込まれ、狼狽してどうしたものかと悩む。唯一相談出来そうな相手は同じゲームに参加している2ndにして雪輝のストーカー由乃しかいない。

それでも話せる相手が居るだけマシかと相談を持ちかけたが体育の授業に入ると言う事でお預けを喰らったが、その間に妙な女の子がやって来た。雪輝達の担任の火山が3rdで殺されたとか言い出した事で(おい、ちょっと待て、じゃああの殺人鬼は雪輝の学校の先生かよ、世間狭すぎだろw)雪輝はこの子も日記所有者と知って、殺されると逃げ出す。

9thのみねねは朝倉さんみたいにナイフで刺してくるのかと思ったら信じられない仕掛けをして来た。学校中に爆弾をしかけて爆死させようと言うのだ。実際に最初の爆発で生徒死んでるよ。

しかも外に出たみねねはスピーカーを使って雪輝爆殺宣言。
参考資料
人の動きを感知して爆発する爆弾を校舎の至る所に仕掛けたと言う。これを知った由乃が雪輝救援に向かう。由乃、本当に雪輝の事が好きなんだな。もっとも、かわいさ余って憎さ百倍とかもあるので、最後までこの関係が続くかどうか分からないが。

恐ろしいストーカーだが、此処にいたって雪輝は由乃に頼る事を決意する。由乃の未来日記にも雪輝が心を開いてくれて嬉しいと書かれているし。

こんな騒ぎになったのに警察はどうしたと思ったが、ちょっと時間がかかって学校の包囲は完了したみたいだ。現場指揮の警部が何だか携帯をいじっていて、こいつも日記所有者か。ぞろぞろ出てくるな。12人も居たら1クールものだと(1クールなのか、このシリーズで完結するのか分からないけど)ぼやぼやしてられないし。

テロリストみねねの狙撃準備が出来たと言う知らせに、みねねを殺したらそれをトリガーに一斉に爆発が起きると知って狙撃は中止。

逃げ回っていた雪輝だが、由乃のクラスのみんなに協力をして貰おうと言う事で、クラスの方へ走る雪輝。しかしクラスメイトは雪輝を捕まえてみねねに差し出す事で生き延びようとした。絶望する雪輝と、そんな提案をしてしまって後悔する由乃。由乃は決断する、どんな犠牲を払ってでも雪輝を助けると。校舎を駆けだして残った爆弾を誘爆させ、そこに居たはずの生徒を吹っ飛ばしてでも雪輝救出に向かう由乃。その隙を突いて今迄雪輝に銃を向けていた来須圭悟もみねねを撃ち、混乱の中で雪輝はゆののに迫ってダーツでみねねを狙う。

流石にテロリストとして鍛えたみねねは携帯で自分を守る様な事はせず、自分の目を犠牲にしてまでその場からの逃亡を図った。どっからそんなバイクが出てきたんだよw

結局4thの圭悟は雪輝を保護すると言う宣言は守った。初回で妙な事を言うヤツが居るなと思ったら、そう言う事か。圭悟はゲームで生き残って神になるとか言う意志はなく、このゲームを終わらせ様と言うのが目的らしい。

これでとりあえず1st、2nd、4thの同盟が出来た訳だが。


いいね、未来日記、かなりいい。
みねねの設定はちょっとアレだけど、現実感のある場面が描かれている。爆弾で死ぬ生徒、雪輝を裏切る生徒、そしてみねねが不利に陥った時に一斉にみねねに物を投げつけて攻撃する生徒。
参考資料
第3話以降も期待したい。


ところで、OPの後で雪輝が通学路として渡った橋はここかな(Googleストリートビューから)。
参考資料
参考資料
大分改変はされているけど、欄干とか川の様子とかかなり一致するので、おそらくここがモデル。
次の週末に晴れたら行ってみるかな。

|

« アニッコVol.11は「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 | Start | 侵略!?イカ娘・第4話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/53018403

Folgende Weblogs beziehen sich auf 未来日記・第2話:

« アニッコVol.11は「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 | Start | 侵略!?イカ娘・第4話 »