« 侵略!?イカ娘・第3話 | Start | マケン姫っ!・第2話 »

ちはやふる・第2話

第2話を見て「ちはやふる」が完全にダークホースだったのを認識した。当初計画では公式サイトの雰囲気が微妙だったので第1話だけ見て合わなかったら切る枠だったが、全然違う。面白じゃないかちはやふる。

綿谷とつきあってるとハブにされると太一に言われた千早が登校してみると、その通りの状況が起きていた。綿谷なんかと話すからこうなるんだと言う太一に千早が反論する。綿谷は凄いんだ、カルタをやったら誰にも負けないと。或る意味空気を読まない無敵の千早だからこれだけ言える。綿谷に一枚も取らせないと言われて「何でも出来る優秀な」太一が黙っていない。自分と勝負して一枚でも取られたらこれからずっとハブだと。

いや、太一君、そりゃこう言う流れだからそうなのかもしれないが、トップのプライドを持つなら一枚とかせこい事言わずに自分に勝てたらってレートをもっと上げろよw

そして勝負の日。先に太一が登場して順当に勝利し、流石太一負ける訳が無いとか持ち上げられるが、その慢心も綿谷が登場するまで。そこら辺の小学生のレベルとは格が違う。全く違う。
参考資料
普通にやってこんなのに勝てる訳がない、いや、一枚だって取れないかもしれない。ビデオカメラまで持ってやって来た厳しい母の前で無様に負けたら一体どうなる事か。って、太一の母親は母親で難のあるヤツだなあ。

そこで太一は禁断の手をうった。コーラの件は単なる嫌がらせだったのかそれともこの後のメガネ奪取の布石だったのかは微妙だが(嫌がらせで綿谷がメガネを外したのが結果的にメガネ隠匿に発展したんだろうなあ)、綿谷のメガネを隠してしまう。メガネをかけないと千早の顔も分からない綿谷にこれは痛い。

しかし綿谷はこの状況を札の配置の暗記で乗り切る。目を近づけないと見えない札を事前に見ておいて場所を覚える。場所まで覚えたから見てから反応する以前の速度の比ではない。このまま負ける訳に行かないと太一は今度は札の場所を入れ替える。場所も分からなくなった綿谷はもう打つ手が無い。この後順調に太一が札を取り始めたのを見て今度は千早が黙っていられなくなった。
参考資料

綿谷の代わりに千早が出るだと?
(て言うか、千早、この割り込み方、ひでえw)

先生も綿谷がメガネ無しで札が見えていないのは認めたが、プレヤーを交代なんて出来ないと言う。が、ここは小学生の勝負のせいか、太一が構わないと言ったら通ってしまった。千早、未だ半分も覚えてないと言う状況で(綿谷にカルタの面白さを教えて貰った昨日の今日だからね)、千早はどうやったら勝てるのかを考え、太一の反応した方向の札を飛ばす事で覚えていない分をカバーする。そんな無茶なw

そして最後の1枚、場に残ったのは千早の覚えてない札ばかりだった筈だが、そこに混ざっていたのは「からくれないにみつくくるとは」。あの綿谷が言っていた「下の句を見たらそこには上の句が見えている」が千早にも出来た。カルタの勝負ってこう言うものなのか。
参考資料

勝負が終わって勝てないならもうカルタなんてやるなと言われた太一だが、カルタなんてと思った太一に千早が太一と勝負出来て楽しかったと言う笑顔を向けてそれは吹っ飛んでしまった様だ。

千早が綿谷のメガネを探しに外に駆けだした後で綿谷にメガネを返す太一。そこで拾った・・・なんて無様な事は言えず自分が隠した事を白状する。だが、千早には嫌われたくないから言わないでくれとも。

このあと当分三人のカルタ交遊が続くんだろうか。


とこで「男子生徒」と言う名も無き役に桑島法子さんが名前を連ねてるんですが・・・

|

« 侵略!?イカ娘・第3話 | Start | マケン姫っ!・第2話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/52975644

Folgende Weblogs beziehen sich auf ちはやふる・第2話:

« 侵略!?イカ娘・第3話 | Start | マケン姫っ!・第2話 »