« 侵略!?イカ娘・第1話 | Start | 猫神やおよろず・第12話・最終回 »

神様ドォルズ・第13話・最終回

最終回なのに何も終わってないw

匡平が暴走したマガツヒに強打されて意識が遠のいたと思ったら、ククリの歌が変わったのでククリが匡平の制御下に入ったのかと思ったら(最終回のサブタイも「隻・枸雅匡平」だし)どうもそう言う訳ではなかったらしい。暴走したマガツヒを屠るククリ。マガツヒが分解するとそれに囚われていた日々乃と匡平が落下する訳だが、ここは勾司朗がウワヅツで助ける。後の隻達の様子を見てもどう考えても勾司朗が隻として一番出来てる。現場から引き上げる時に詩緒がククリの感覚が違うとか言っていたので、ククリは少しは詩緒の制御下にあるのだろうか。

ところが戻ってみるとククリが詩緒の制御では起動出来ないと言う。ククリの隻の座はどうなっちゃったんだろうね。匡平の過去の回想の場面では匡平がククリの隻だった時に、匡平によるククリの暴走を詩緒が止めた後でククリの隻は詩緒になったみたいだが。

頭をマガツヒに強打された匡平は病床で過去のイメージとそれによる夢想で起き上がる時に思わず「日々乃さんは  のものだ!」と言って丁度そこにいた日々乃に抱きついてしまう。これ、匡平の意識の中の叫びかと思ったら、本当に声に出していたんだ。

これは事実上の告白みたいなもので、これ以上史場の家に迷惑はかけられないと匡平が家を出る事を日々乃に告げるとそれを日々乃が止める。

て言うか、日々乃さんと匡平、ちゅーしてるんですけど。(日常の第24話以来すっかり癖になった)
参考資料

そこからはもう二人の間はラヴラブですな。機会さえあればナニかしようとしてるし。と、匡平と日々乃の間は大きな一区切りが着いたが、それ以外は何一つ区切れない。詩緒のククリ起動が出来ない状態はそのままだし、阿幾は逃げたまま(しかも空守村に行くとか言ってる)だし、まひるはどっかに向かってるし、おまけにEDでチラチラよく分からん場面出すし。
参考資料
ナニコレw

どこをどう見ても「二期やらせろー」と言う終わり方。
て言うか、どう見ても上のカットなら地上波でやるより制約の無い所(OADとか)でやった方がいいんじゃないかとw


神様ドォルズは始まった頃にはどうかなー切ろうかなーとか思っていたのだが、詩緒ちゃんのおかげで見続けて以前行った事のある石神井公園が舞台になったりして舞台探訪までしてしまった。多分二期があればまた見る。

前回気づかなかったけど、ククリ様は増税反対なのか。
参考資料

|

« 侵略!?イカ娘・第1話 | Start | 猫神やおよろず・第12話・最終回 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/52855030

Folgende Weblogs beziehen sich auf 神様ドォルズ・第13話・最終回:

« 侵略!?イカ娘・第1話 | Start | 猫神やおよろず・第12話・最終回 »