« Steins;Gate・第23話 | Start | うさぎドロップ・第10話 »

猫神やおよろず・第9話

繭と柚子と芳乃の三人でトランプをしている所にお客さんが来たので柚子はお店へ。あとはちゃんとやっておくからとか、それ遊んでるだけだろ繭。でも二人で大貧民をやっても面白くないと結局はトランプをやめてしまう。二人でやるならロイヤルマリッジだろ。

謹慎中にそれを破って賭場に出入りして母親の逆鱗に触れて遂には高天原から落とされた繭だったが、八百万堂に居てもゲームばかりしているのを見るとどうしてもそう言うのを抑えきれない習性なのか。
参考資料

繭はそのまま八百万堂に落ちて来た訳ではなくて、最初に落ちた場所は廃神社だった(これ、聞いてる時に「廃人じゃ」に聞こえた)。神と人の気配は無かったが、猫の霊は住み着いていた。この猫の霊(小鉄)は話し始めた瞬間は白石稔かと思ったのだが、聞いてるうちに段々キュンパラの変態マスクの檜山修之の声みたいに感じて、結局全然違った。禁書の土御門の声の人なのか。

あまり役に立ちそうにない猫神の繭にそれなら一つ願いを叶えてくれたらこの神社の縄張りを譲ってもいいと言う。それが柚子で、当時は両親に死に別れて一人で暮らす女子高生の時だった。それを引き受けた繭はお参りして来た柚子の前に現れて願い事を叶えてやろうと言う。

この頃の柚子の顔はとても暗い。
参考資料
そして聞いてみたらふらっと居なくなった小鉄にもう一度会わせて欲しいと言うものだった。ひとりになった上に、可愛がっていた小鉄も居なくなってとみに暗い表情だったんだな。

柚子の意外な願いに八百万堂まで来た繭。これ、初めて柚子に会った時だから八百万堂の場所は繭が失せ物探し(小鉄)の過程で神力で八百万堂を見つけたのか。そして目を瞑って待っていろと言うのは小鉄の霊を呼ぼうとしたのか。だがこんな柚子に霊を呼ぶと言う事は小鉄が死んだと言う事を示すのだが、せっかく小鉄が死期を悟って姿を消したのにそれを教えていいのだろうかと躊躇している様に見える。それを察してしまった柚子が悲しむ姿を見て小鉄が自分で姿を現した。

最後の小鉄との再会に柚子は小鉄の言葉が分かったのか。小鉄は繭に通訳しろと言っていたが。
猫の言葉が分からないならはかせの赤いスカーフを猫に巻けばいいじゃない(をい

小鉄が去って一人になってしまった柚子(ミケはいるけど)。その後色々あって繭は八百万堂に住む様になったらしいがその話はまた今度と言う事だ。但し少なくとも言える事は今の柚子は寂しそうではないし、八百万堂も千客万来(但し骨董屋の客ではないがw)で賑やかだと言う事だ。
参考資料
参考資料
参考資料

|

« Steins;Gate・第23話 | Start | うさぎドロップ・第10話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/52680125

Folgende Weblogs beziehen sich auf 猫神やおよろず・第9話:

« Steins;Gate・第23話 | Start | うさぎドロップ・第10話 »