« 輪るピングドラム・第10話 | Start | 花咲くいろは・第25話 »

ロウきゅーぶ!・第11話

5人では公式試合に出られない。これを智花や就中昴に教えて貰っておらずにバカリボンチビリボンに知らされた事で飛び出した真帆。昴は後を追おうとしたが、こう言うのは仲間が話した方がいいと言われ紗季が追いかけるのを見送る。

その通りで真帆は紗季との言い合いから試合が出来ない事を知らされなかったのを結構あっさりと克服。真帆対紗季の決闘もそのままバスケの練習になるし、みんなは今楽しいバスケをやる事が大事と納得してあまり深刻な試練にはならなかった。

まあそりゃそうだよね。どうやっても10名を揃えて公式戦に参加なんてのは、少なくともすぐさま出来る事じゃないし、この5人でやる事が重要な慧心女子バスケ部なんだから。
参考資料

みんなが納得して練習に励む姿を見届けて昴は昴でやるべき事をしに行く。硯谷の顧問の野火止先生にレギュラーとの試合をさせて欲しいと。しかし野火止先生はレギュラーは次の試合の為の調整で時間は割く事が出来ないと突き放す。ここに口添えしたのが妹の麻奈佳。結局麻奈佳の説得に折れて慧心は硯谷のレギュラーと明後日試合をする事になる。

なるほど、今回は試合に突入して良い所で最終回に持ち込む展開ですな。

そして麻奈佳は慧心と硯谷の試合の橋渡しのみならず葵と昴の間の橋渡しまでお膳立て。昴にミストサウナが使える様に取りはからったからと言って来たので、お風呂でどっきり作戦かと思ったら葵が何の疑いもなく入って来た。その前に麻奈佳が仲を取り持ってあげると言っていたのでドキドキしながら入って来るのかと思ったのだが、葵じゃそこまで出来そうにないからといきなり騙したか。でもそこまで出来ないとやっぱり「お色気作戦」は成り立たないだろう。あえなく失敗。
参考資料

翌日、昨晩あんな事があった後ではあるが、結局今の昴と葵はバスケを介した友達以上恋人未満の関係を確認。葵は結構踏み込んだ事を言ったと思うのだが、そこ止まりだったね。

そして慧心と硯谷の試合開始。試合慣れした強豪校の硯谷は一枚も二枚も上手。あっと言う間に点を取られて焦りの増す慧心に昴の作戦が開始された。パスと言われてそのままパスしてしまう智花と違い、紗季はチームメイトの動きを冷静に見つめて司令塔となる。強豪校相手に得点して反撃が開始。
参考資料

と、良い所で次回に続くのであった。

5人で今を楽しくって形にはなった慧心女子バスケ部だが、やっぱり試合があった方が見てる方も面白い。今期はとりあえず次回で最終回で、原作がどうなっているのかは分からないが、この先やっぱり試合は必要だよね。

|

« 輪るピングドラム・第10話 | Start | 花咲くいろは・第25話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/52766642

Folgende Weblogs beziehen sich auf ロウきゅーぶ!・第11話:

« 輪るピングドラム・第10話 | Start | 花咲くいろは・第25話 »