« ロウきゅーぶ!・第11話 | Start | 日常・第25話 »

花咲くいろは・第25話

おかしい。

喜翆荘の終了を宣言した女将に対抗して経営を軌道に乗せようと言う縁達だが、それがおかしな方向に向かっている。キャパ以上の客をとったあげくに喜翆荘のこれまでのもてなしとは違うやり方に走り出した。厨房は個別に朝食を用意するのが難しくなった結果、バイキング形式に。料理そのものは手抜きをしていないみたいだが、部屋でゆっくり朝食をとれなかった常連客が残念そう。
参考資料

緒花が持って来たぼんぼり祭の望み札を受け取る余裕も無い。地元の画家の絵を飾って画廊にしてそこからの売り上げもと言う縁。喜翆荘は変わるんだ変わるんだと自分に言い聞かせる様な様子だったが、個人的にはこう言うのは嫌だなあ。建物の雰囲気を含めて泊まるのだから、そこに絵が出しゃばって来られてもねえ。どこかに1枚アクセントであるならまだしも。

何か違うんじゃないかと思っていたのは緒花だけではなく、菜子もそう。そのうちに無理がたたりだして料理のメニューに欠落が生じたり、それをきっかけに蓮二と巴が言い争いになったり。

女将との約束でぼんぼり祭の間だけは今までどおりのやり方をとなっていたものの、直前に巴が足を挫いてしまう。組合から応援をと思っても結名の話では福屋も応援を依頼したものの無理だったと聞いてやむなくぼんぼり祭も従来のやり方を断念しようと言う話が出るが、縁はそれじゃ女将に負ける事になると。

緒花がここで大いに違和感。

勝ち負けの為に旅館をやってるのかと。これには徹がだからと言ってここで女将に負けたら喜翆荘が存続出来ないとまた従業員間での口論。

ついに堪らずに菜子が叫ぶ。今の喜翆荘は私が好きだった喜翆荘とは違う。元の喜翆荘を返してくれと。
参考資料

そりゃそうなんだけどね。ところでこんなに予約を入れちゃった根拠は何なんだろう。この面子で無理が生じる程予約を取らないと黒字になれないのか?それじゃこの先もずっと続けるのは難しいだろうに。それとも例の映画の件で負債を沢山抱えてそれを返す為なのか。菜子はアルバイトだから私が好きだった喜翆荘を返してくれで済むかもしれないが、それで済まないのかも知れない。でも今の状態じゃどのみち喜翆荘らしさが無くて続かないと思う。

手詰まりの縁に対してスイは違う。巴に代わって自分が仲居をやると。流石にスイはお客の為に何をやらなくてはならないのか理解している。そしてそこにやって来た皐月も。それなのに縁は二人の助力を受ける訳には行かないと。つくづく縁は旅館経営にむいとらんな。これをひっぱたいて若旦那がやらなくてはならない事を諭す崇子。センスはアレだが、こう言う点は喜翆荘の嫁として最高の嫁だった。

大きな助力を得てぼんぼり祭を乗り切る喜翆荘。
参考資料


あれ?
孝ちゃんはどうしたの?w

やっぱり緒花が部屋の手配を忘れていて泊まれなさそうだったのをスイが自分の部屋を提供してやろうと言ったのに、姿が見えませんよ。

|

« ロウきゅーぶ!・第11話 | Start | 日常・第25話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/52770516

Folgende Weblogs beziehen sich auf 花咲くいろは・第25話:

« ロウきゅーぶ!・第11話 | Start | 日常・第25話 »