« ロウきゅーぶ!・第7話 | Start | 花咲くいろは・第21話 »

舞台探訪・魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~・美瑛編

この夏、原発が再起動出来ないせいで電力不足に陥り例年とは違う夏期休暇パターンになりそうだったので、毎年道北に避暑に行っている叔母に「今年はそっちに行けるかも」などと口約束したのを果たすべく夏コミ終了後に再度休暇を申請して三日間捻出して道北の舞台探訪に行って来ました。

魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~は好きな作品で、ソラちゃんが大好きだったので美瑛は一度是非行ってみたいなと思っていた所だったのです。早朝の羽田発の飛行機で旭川空港に到着し、そこでレンタカーを借りて巡りました。最初はレンタサイクルでとも思ったのですが、哲学の木の場所を知ってこれは私の体力では無理!とレンタカーにしました。

定刻よりやや早めに旭川空港到着。さっそく階段の場面の場所を見つけて(小さいビルなので)撮影。
参考資料
参考資料
それにしても案内板の位置は固定だとしても、中央にある広告板などはどう見ても移動可能な様に見えますが放送から3年経った今でも同じ配置ですなあ。

さて、とりあえず写真撮ったとか、Twitterで「旭川空港なう」とかつぶやいて、ぼやぼやしていたらレンタカーの待ち行列ですっかり後になってしまいました。こんなにレンタカーを借りる人がいるんだ。まあ、この辺の移動は車が無いと不便ですからね。

それでも流れ作業で処理は進みほとんど待たされませんでした。名前を呼ばれてあらかじめネットで予約してあった書類を確認して「では免許証をお願い致します」と言われて免許証を探したら・・・

免許証が無い!

あれ、おかしいな、いつも定期券と一緒に入れているのに・・・ちょっと焦る私。狼狽しても出てこないものは出て来ないのでその時はタクシーをチャーターするかと頭の中で考えつつ、定期入れの中身をひとつひとつ見て行ったら別の所に入っていました。あー、良かった、北海道まで来てレンタカーの予約しておいて免許証を忘れるとかシャレにならないw そう言えば先日ある用件で一回免許証を出してその時に入れる場所が違っちゃったんだ。

今回借りたのはトヨタの最安クラスのこれ。
参考資料
勿論この場所はOPでソラちゃんが自転車を止めているあの場所です。
鉄オタだけど自動車は詳しくないので、無条件に一番安いのにしました。車種名もよく分からない。トヨタってカローラとコロナとクラウン以外に何があるんだ。

北海道は前日に鉄道ダイヤが乱れる程の大雨で天候を危ぶんだのですが、旭川空港に到着した時には曇り、美瑛を巡っている間に晴れて来てとても良い探訪日よりとなりました。


とりあえず美瑛に向かう為にカーナビで美瑛駅をセットして出発。一本道なので特に迷う事もなく美瑛駅に到着。せせこましい土地と違って駅前の駐車場はふらっと駐めるだけなら無料です。と言う訳で美瑛駅のシーンを撮影。
参考資料
参考資料

こちらは駅前のタクシープール
参考資料
参考資料

駅前からは若干富良野よりにある跨線橋。これもOPから。
参考資料
参考資料

今度は駅前から旭川よりの道の駅びえい丘のくらの方角へ歩いて富良野線の踏切へ。第1話から。以降全部第1話から。
参考資料
参考資料

この踏切で旭川方を線路の高さで見たもの。
参考資料
参考資料


これ位で駅周辺から離れます。次はみちると約束して落ち合った赤い橋。美瑛川にかかる四季の橋と言う橋です。これは美瑛市街側の橋詰め。
参考資料
参考資料

四季の橋の下でみちると話すソラ。
参考資料
参考資料

これは橋桁の下の方に降りていく土手の階段。
参考資料
参考資料


次は哲学の木へ移動します。美瑛の遥か南方にあります。途中、雄大な丘陵地帯を走ります。丘陵地帯なのでアップダウンもあり、こりゃ私は自転車では絶対無理だったと確信w でももの凄く景色がいいですなあ。周囲に建物が無いのでソラが非常に広く感じられます。

しばし車を走らせて哲学の木へ。ソラちゃん、お父さんとお話しにここまで美瑛市街から自転車で来てたんだね。
参考資料
参考資料
手前に看板がありますが、これは私有地に立ち入らないでと言う看板です。多分観光客はこの木へ続く道を見てふらふらと入ってしまうのでしょうが、そこは既に畑の中の道で私有地です。さらに全国から来た観光客ともなると靴に付着した外来種の種子や胞子が畑に混入する危険性も否定は出来ません。ここは舗装道路の上から眺めましょう。

哲学の木としてはこちらの角度からの姿の方が有名ですね。
参考資料


最後にソラちゃんが自転車を走らせ廻るマイルドセブンの丘周辺地域へ移動します。一旦美瑛市街へ戻り、富良野線を越えて(アンダーパスを通ったので正確にはくぐって)美瑛市街の北西方向へ向かいます。

ソラちゃんが軽快に自転車を走らせるマイルドセブンの丘付近。
参考資料
参考資料
ここはこちらに向けて結構な上り坂です。

OPでも出るソラちゃんが自転車を止めてる場所。
参考資料
参考資料
ここはマイルドセブンの丘から一旦中央分離帯のある道路に戻ってちょっとだけ美瑛市街から離れた地点の右手にありました。

これは何となく写真を撮ったらそれらしい場所が入っていました。
参考資料
参考資料


他にもこの付近と思われる景色が色々出てくるのですが、特定に時間がかかりそうであっさり断念。いつもの事ですが、時間にあまり余裕のないスケジュールしか組めなくて、あと何年か経ってからの老後の楽しみですかねえ・・・その頃にはお金の余裕が無くなってる気がしますが。

そんな私でもソラちゃんの家が発見出来ました。あまりの嬉しさにmixiの中で「ソラちゃんの家、発見なう。」とつぶやく程w

但し個人住宅ですのでここでの公開はひかえます。公開しないにしても公共建築でもない個人住宅を怪しい観光客が写真に撮るのもいかがなものかと、そこの家の人に許可を貰う事にしました。こんな事が頻繁にあるとその家の人も迷惑でしょうが、美瑛まで来て写真を撮る巡礼者は何年かに一人程度しかいないでしょうから。するとその家の人はアニメのモデルになった事は全然知らなくて(二世代住居だったのでもう片方の世代の人はひょっとしたら知っていたのかも)老夫婦はびっくりしてどうぞどうぞと快く撮影させてくれました。びっくりはどちらかと言うと嬉しそうなびっくりの様子でした。

ちょっとだけお話をしていい記念になりましたと辞去させてもらいました。
おかげで本当にいい思い出になりました。


美瑛は本当にいい所で本来はもっともっと時間をとって見て回るのが良かったと思います。旭川からの列車の時刻がだんだん迫って来たので名残惜しくも美瑛を離れます。時間的余裕があった筈が旭川で何カ所か写真を撮って廻ったら、旭川駅前のレンタカーに車を返した時にはもう発車時刻の10分前になっていました。


道北の舞台探訪編は来週は場所を移してまた続きます。


翌々日には早くも東京に帰る日程で、帰りの旭川空港の国内線ロビーでソラちゃんが東京へ旅立つ時の場所を写しました。
参考資料
参考資料
この日は東京が激しい雷雨で東京からの飛行機が遅れたせいで出発が1時間半遅れました。最終的に羽田で飛行機から降りたのはさらに遅れて2時間遅れ。昼には山手線が止まる程だったそうなので、遅れはしましたが豪雨の中に荷物を持って帰る羽目にならず、ほっとしました。

より大きな地図で 舞台探訪・魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~・美瑛編 を表示

|

« ロウきゅーぶ!・第7話 | Start | 花咲くいろは・第21話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/52532273

Folgende Weblogs beziehen sich auf 舞台探訪・魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~・美瑛編:

« ロウきゅーぶ!・第7話 | Start | 花咲くいろは・第21話 »