« 猫神やおよろず・第6話 | Start | 輪るピングドラム・第6話 »

うさぎドロップ・第7話

大吉の家に春子さん来訪。何だか様子がおかしい。麗奈も連れて来ている。
参考資料
その麗奈が日曜日だと言うのにランドセルを背負ってるなんて、これはどう見ても家を出てきた状態。様子を聞いてみたら旦那とうまく行っていないの「も」あるが、旦那の家族とうまく行っていないらしい。あそこの家から一秒でも早く出てきたかったと。

まあ仕方ないので大吉の家に居させる事にする。取り敢えず夕食の買い出し。4人でスーパーに買い物に行くが、この時の雰囲気は春子が高そうな肉を選ぶんじゃないかと思った。ところが話はそっちに転ばないで、春子と買い物をしているところへコウキママ登場。慌てて春子がいとこだと説明する大吉に春子はすぐさま雰囲気を掴みとる。まあ大吉も大吉で俺何弁解してんだとw

帰り道に春子から「不倫はダメよ」と囁かれるが、向こうは母一人子一人だと話した事で、春子は今度はそっちで納得。

その晩は春子の手料理。麗奈が普段あまり食べないメニューらしい。向こうの親に合わせてそうなる様だ。夜に春子の愚痴を聞いてやる大吉だが、結婚して旦那はいつも帰りが遅くてあまり春子の事を見てくれないし、毎日毎日自分の気持ちを殺して生活してると言う。もう向こうの家では見方は麗奈だけなのだと。

あー、これはもう重症ですなあ。
まあ結婚して他人と暮らすってのはそう言うもんなんだよな。

翌朝はりんが朝食を作っているのを見て、最初はりんに作らせているのかとびっくりした春子だが、これは二人がうまく生活しているのを後から納得する。朝食の所にコウキがやって来る。

ここで子供たちの大人の地雷踏みまくりが面白い。
大吉結婚したいのか?と言った麗奈が「ママは独身がいいんだよね」とw
参考資料

翌日は春子は麗奈を学校に送ったあとは手持ち無沙汰。大吉とりんはいつもどおりに夜になってから家に帰ってみればそこは春子と麗奈が既に帰ってきているので灯りが点いている。灯りの点いた家に帰るのがいいなーと思う二人。

春子は明日家に戻る事を決めた様だが、今まで押し殺して来たのだからこの先も同じ様にすればいいと。うーん、それはかなり不健全ではなか。遅かれ早かれ破綻が来そうだが。

ところがその晩、麗奈が「パパの車の音」を感じ取る。やって来たのだ。旦那が迎えに。
あのままの雰囲気だと戻ってもダメそうな春子だったが、旦那とはちゃんと話が出来そうだ。またひとつ力強くなって帰って行く春子だった。
参考資料

|

« 猫神やおよろず・第6話 | Start | 輪るピングドラム・第6話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/52517439

Folgende Weblogs beziehen sich auf うさぎドロップ・第7話:

« 猫神やおよろず・第6話 | Start | 輪るピングドラム・第6話 »