« ダンタリアンの書架・第1話 | Start | R-15・第2話 »

いつか天魔の黒ウサギ・第2話

いい最終回だった

引き続きいつ天の二期をお楽しみ下さい。
いや、マジで。

第1話と第2話の前後編でキャラ紹介みたいな内容だったが、それだけでひとつの物語になってしまった。じゃあ第3話以降はどうすんだよ、どう言う方向の話になるんだよ、と言うのが分からない。だから第3話以降は二期みたいなものだ。

過去の出来事で大兎とサイトヒメアがくっついたみたいになってるのは仕方ないが、でもそれじゃここ最近の大兎を支えてくれた遥が気の毒だ。遥にも救済を。
参考資料

ところで説明が無かったが、最後に大兎がすっごく熱っついイイ物をぶち込んで自分の生き返り回数を超えた様に見えたが、あれってだらだら戦っていたせいで15分リセットを丁度超えてたんじゃないの?w

15分リセットか。漸くサブタイの900秒の意味が分かった。

|

« ダンタリアンの書架・第1話 | Start | R-15・第2話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/52231787

Folgende Weblogs beziehen sich auf いつか天魔の黒ウサギ・第2話:

« ダンタリアンの書架・第1話 | Start | R-15・第2話 »