« そふてにっ・第12話・最終回 | Start | 日常・第13話 »

花咲くいろは・第13話

あのお客様がやって来た。
参考資料

緒花が文句をつけて、「休暇がとれたから」と言う事で皐月が喜翆荘に客としてやって来たのだ。女将は担当の仲居として菜子を指名する。緒花もスイも身内で論外、巴はひいきさんが投宿中だからだ。それにしても縁はここまで情けなかったか。いくら子供の頃のトラウマがあるとは言え、狼狽しすぎ。
参考資料
スイの次の喜翆荘の経営は縁を飛ばして緒花にやらせるしかないだろ。

客として喜翆荘に入った皐月、色々と注文をつけるのだが、その注文は旅行雑誌の編集をやっていただけの事はあって菜子や徹には得る物があった。女将はそれでどうするのかと言うが。

嵐の様な一時帰京から喜翆荘に戻った緒花だったが、ふと振り返ってみると自分の居場所が既に喜翆荘になっている事に気がつく。見てるこっちは未だ1クールなので早いなと言う気がしない訳でもないが、舞台上ではどれだけの時間が経った事になっているんだろう。

「あのお客様」が一見であって一見でないと緒花に言う女将。そこから「あのお客様」へのもてなしについて話が進む二人。女将から見たら娘だし、緒花から見たら母なので二人に共通な人物の話だから話が進むのは当たり前だが、喜翆荘に来るまでは緒花はスイと面識が無かったので皐月についての話をするのはこれが初めて。考えてみれば奇妙な状況でもある。

夕食の後にお酒を所望した皐月。ついでに芸者もと言うが、今の時間からでは無理と言われて「ばあさんと小娘」を代わりに呼ぶ。女将はお酒につきあえるが、未成年の緒花は・・・あれ?酔ってるよ?ジュースで酔ったと言うが、そりゃちょっと無理があるだろう。話の流れ上、緒花が酔うのが素直なのだがTV放送の都合上ジュースで酔った事にしたか。純文学とかだったら許されるんだろうな、こう言うの。無粋な規制だが、どうせ深夜アニメを見るのはそれなりのオトナ。オトナならそこを汲み取って脳内変換してやるべきか。

それにしても何て顔だい、緒花。
参考資料

夕食時のちくわの煮物とか、寝る時のシーツとか、どんなお客様でもくつろいで貰う喜翆荘のおもてなしを受けて翌日帰京する皐月はオトナの事情ではない喜翆荘の記事を緒花に残して去って行った。

緒花、これで東京とは訣別か。こうちゃんとも。
皐月を母親としてよりも女として見てる緒花の「彼氏さんに頼んで下さい」ってのがあったが、母親には抱き枕でも与えておけw

|

« そふてにっ・第12話・最終回 | Start | 日常・第13話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/52060218

Folgende Weblogs beziehen sich auf 花咲くいろは・第13話:

» 花咲くいろは 第13話「四十万の女 〜傷心MIX〜」 [空色きゃんでぃ]
女将さん連続ビンタ( 'д'⊂彡☆))Д´)パーン 四十万縁叔父さんはシスコンでマザコンだから、キツイ女性が好きだったんですね!( ゚д゚ ) コンサルさんとお幸せに〜(*´・ω・`)ノ゚・*:.。 「ちゃんと見せてよ、この旅館のよさを」 ついに皐月お母さんが喜翆荘に来た! 緒花に言われたとおり評価しなおしてる((*゚д゚*)) ... [Mehr erfahren]

verlinkt am 28. Juni 11 um 04:12

» (アニメ感想) 花咲くいろは 第13話 「四十万の女」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
花咲くいろは 2 [Blu-ray](2011/08/17)伊藤かな恵、小見川千明 他商品詳細を見る 母親を車に乗せ戻ってきた緒花たち。 皐月は着くなり、浴衣のデザインやお茶菓子、お風呂の時間について、いろいろと指摘...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 29. Juni 11 um 19:36

« そふてにっ・第12話・最終回 | Start | 日常・第13話 »