« 花咲くいろは・第12話 | Start | アスタロッテのおもちゃ!・第11話 »

日常・第12話

今回は短いネタが多かった。

世界が輝いて見えるゆっこ。何故なら今日は珍しく宿題をやって来たからだ。いやいや、それで世界が輝く様な生活は見直した方がいい。せっかくやったのに家に忘れて来たと言うのは実際はやっていない時の言い訳と区別出来ない。子供の頃は理不尽だ区別してよとか思ったが、物がそこにない以上は同じ扱いは仕方ないと思う年齢になってしまった。

「急がば回れ」
参考資料
いや、違うからw
それにしても東雲家にこんな洋風な場所あったっけ?

安中、またも近所で開催される催しにいそいそと向かって不幸な目に遭うのか。不憫だ。景品が茄子とキャラメルしか無いとか、お金を払う前に気がついた方がいい。当てても全く動じない茄子がとうとう破砕されて中に釘が見えたのはワロタ
参考資料

かっこいいと思う物→スーパーボール
小学生の頃にアメリカから入って来た。ろくな玩具が無かった時代にそりゃもう驚愕の一言ですよ。あっと言う間に当時の子供全員に流行った。進駐軍アメリカすげー!と思った物のひとつだった。アメリカン・クラッカーの時代まではそう言うのばかりだった。

ゆっことみおが二人で遊園地。女の子二人で遊園地行く物なのか。自分が持ってると落としやすいと言うので、財布をみおにあずけたゆっこ。しかしみおがゆっこの財布だけ落とすのだ。
参考資料
一瞬にして楽しくない遊園地になってしまったゆっこ。

大工財閥の手広さは凄い。こんな小さい喫茶も大工財閥のチェーン店。それにしてもこの二人じゃ売る方も買う方も大変だな。
参考資料
店員の玉村さん、一瞬桑島さんの声かと思ったが、どうも新人の人らしい(→味里さん)

背中にネジをつけてなのになってみました。
参考資料
外すの早w
はかせがなのでなのがはかせなので、これを利用してネジを取って貰おうとしたなの、あっさり玉砕。

|

« 花咲くいろは・第12話 | Start | アスタロッテのおもちゃ!・第11話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/51998206

Folgende Weblogs beziehen sich auf 日常・第12話:

» 『日常 12話』 [ひろしのアニオタ日記]
  今朝の東京地方は晴れていて、とても気... [Mehr erfahren]

verlinkt am 27. Juni 11 um 19:13

« 花咲くいろは・第12話 | Start | アスタロッテのおもちゃ!・第11話 »