« DOG DAYS・第9話 | Start | 日常・第9話 »

花咲くいろは・第9話

孝一は完全にすれ違いパターンだった。すぐ側の道路を走っている徹のバイクに乗った緒花に気づく事すら出来ずに。あの距離でメット被っちゃ無理だね。折角能登半島まで来たと言うのに、東京でですらやる事の出来る電話口での励ましで帰途につく孝一。喜翠荘があんな状態だったから満室で泊まる事も出来なかった。あれ、でも東京に帰って孝一に声をかけた最後に出てきたあの人は・・・誰だっけ?

さて、しいのき迎賓館で徹を探す緒花だが、結構難航。披露宴に闖入する羽目になったり受付の人に名簿見せてくれと言ったり。これ、前世紀のアニメならここで名簿を見せたかもしれないだろうなあ。ところで実際のしいのき迎賓館のフロアマップを見ると結婚披露宴が出来そうな部屋はガーデンルーム一室しか無いので、ここは建物だけ場面利用してアレンジと言う所か。一室だけじゃ緒花がかけずり回って探す展開にはなれないから。

徹は見つからないわ、緒花の鼻緒は切れるわ、流石の緒花もへこたれそうになった時に孝一から電話。事情を話すといつもの通り考えずに突き進む緒花がいいと励まされる。菜子から徹が嘗ての同級生の披露宴に出ていると言うかすかな情報を貰って手当たり次第に新郎の年齢を聞き回って漸く徹に行き当たる。
参考資料

直ちにバイクで戻る事にする徹だが、緒花、ここでちゃんと謝るんだね。喜翠荘が大変なんだから戻って来て当然とかで済まさない。出来た高校生だなあ。それに対して徹はお前がそう思ったんだからそれでいいんだと、誰かにも言われたなあと言う緒花だが、

少しは孝一の事も思い出してあげて下さい

徹が戻ると蓮二も復活。民子には天ぷらを揚げさせる。民子、まだまだ見習いでほとんど下準備ばかりだったのかな。時間で揚げ具合を計ろうとする民子に音の変化を教える徹。揚げ具合を確認して貰う民子。
参考資料
ほっこり(byちゅるやさん)
緒花はイイ感じだなとか思ったのかもしれないが、徹は全然意識していなかった模様w
まあ真剣勝負の場面だしねえ。

スタッフが揃って本来の喜翠荘のおもてなしが動き始める。巴もちゃんと帳面をつけていたんだね。そして最早喜翠荘三バカトリオとなった縁・次郎丸・崇子が勝手に波の間と月の間の客に入れ込むが、やっぱり外れぽい。
緒花が翌朝送り出したお客さんがどうやら大当たりらしい。おばあさん、すっかりくつろげたと言うので娘のライターさんの評価も多分高いだろう。
参考資料

かくて喜翠荘の長い一日を無事に乗り切った緒花達であった。
参考資料
なのに、次回「微熱乙女」は緒花が要らない子?w


喜翠荘の当日の部屋割り
参考資料
もっとでかい旅館に見えたが8部屋しかないの?
緒花が受け持った部屋のどちらかがどうも雑誌のライターさんだった様だが、どっちも二名でどっちかは不明。
子供が二人いた部屋があった筈だが、桐の間も寿の間も「小1」に見える。巴の担当なので寿の間が該当しそうだが。
鶴の間は207と言う番号がふられていて、「おっきい浴衣持ってきて」と言うお客さんが顔を見せた所。

|

« DOG DAYS・第9話 | Start | 日常・第9話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/51811619

Folgende Weblogs beziehen sich auf 花咲くいろは・第9話:

« DOG DAYS・第9話 | Start | 日常・第9話 »