« アニメに出てきたクラシック・第2部 | Start | アニメに出てきたクラシック・第3部 »

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。・第7話

援交疑惑の件で結局学校に行っていないあなる。学校に行けよと言うじんたんにあんたが言うかとあなるは突っ込むが、当事者だからこそ休み続けるとしんどくなるのはよく分かっている。そうやって自分より他人の事ばかりあんたは考えると、まるで自分があなるに言ったのと同じ事をあなるに言われて、それよりもめんまの方がと言うじんたん。またもめんまに言及するじんたんにあなるはもうそうやってめんまの事を言うのやめないかと言うあなる。あなるはぽっぽと違ってやっぱり根本の所ではめんまの存在は信じていないんだろうな。じんたんがそう言うから合わせているだけで。じんたんにしか見えていないのだから仕方ない。

めんまの母から借り受けてきためんまの日記を開いて見るじんたんとあなるとぽっぽ。三人が漠然と期待していた中身からは実際は大きく外れるのだろうとは思ったが、その外れ方は絵日記みたいな物なんじゃないかと見ていたらそうじゃなかった。

毎日が
「今日はみんなとあそびました。たのしかったです」
参考資料
※この「めんまフォント」が公開されてダウンロード可能になってます→公式ダウンロードサイト
参考資料

その中でちょっと違ったのは
「今日みんなでじんたんのお母さんのおみまいにいきました」

そう言えばみんなでじんたんのお母さんのお見舞いに行ったなと。そしてじんたんのお母さんが早く良くなる様にと手紙を入れたロケットを神様に打ち上げようとしたと、そう言う事を思い出した。

ロケットを打ち上げるのがめんまのお願い?

だが、ただ単に花火を束ねてもそんなに上がるものではない。火薬をそれなりに用意してロケットにするにしても、火薬は一般には取り扱えない。どうしたものかと悩んでいたらじんたんの父親の知り合いに花火を取り扱える人がいて紹介して貰える事になった。

でも相談してみたらそう言うのを作るには20万円位はかかりそうとの事。

高校生には大金だよね、普通は。

ぽっぽはあなるが週7で稼げば何とかなるとか言うが、何をやるんだよ、あなるがw
じんたんは働くと言い出して、とりあえずはあなるのアルバイトしているレンタルショップへ。それだけではなく手っ取り早くお金になる土方仕事にも。帰りの遅くなるじんたんが何か悪い事をしているのじゃないかと思って秘密基地に行ってみためんまはあなるの電話でじんたんがロケットを作る為にアルバイトをしている事を知る。何の為のロケットなのかすぐ分かるめんま。身体をはってるじんたんに足元が見える様にと照明を向けてやるのだが、やっぱりあなるは現実世界に激しく物理作用するんだな。
参考資料
「かっけーんすよ」
参考資料

或る程度稼いだ所で件の花火師の所に行くが、あれは作れなくなったと言われる。理由は祭の役員にポロっと言ってしまったら高校生のそう言う手伝いをするなと止められたと。そしてその役員はめんまの親だった。

「ふざけてるわね」
参考資料

めんまの家にじんたん達が行った時は表面上は歓迎していたが、やっぱりそうではなかったのか。めんまが死んだのは彼らのせいだとか迄思っているのか、それともめんまはもう自分の中にだけいるのであって、じんたん達があずかり知るものではないと思っているのか。

めんまの母親の不信を放置したままロケット作成を強硬するのだろうか。それともそれを乗り越える何かをするのだろうか。あなるの学校での立場とか、第1話から話が進むにつれ彼らの紐帯は戻りつつあっても周囲は厳しい状況になって来ている。


そう言えば、あなるはずっと「やどみ」って呼んでたのが、今回初めてじんたんに戻ったんだ。
参考資料

この工事現場は羊山公園から下ってくる道路か。あなるが羊山の工事現場とか言っていたから。
参考資料
GW、ここを歩いて下ったんだよなw

|

« アニメに出てきたクラシック・第2部 | Start | アニメに出てきたクラシック・第3部 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/51784530

Folgende Weblogs beziehen sich auf あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。・第7話:

» (アニメ感想) あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第7話 「ほんとのお願い」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/06/29)入野自由、茅野愛衣 他商品詳細を見る ●意見交流の場として掲示板を設置しました。記事の感想や意見、原作ファンか...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 31. Mai 11 um 18:12

« アニメに出てきたクラシック・第2部 | Start | アニメに出てきたクラシック・第3部 »