« Aチャンネル・第6話 | Start | 花咲くいろは・第7話 »

DOG DAYS・第7話

シンクと会うのを楽しみしているミルヒオーレ姫殿下。殿下におかせられましては本日も公務に勤しんでおられます。公務の後、シンクとともにミルヒオーレ姫のセルクルのハーランで遠出。姫殿下の秘密の花園に到着したシンクは「軽く運動は如何でしょう?」と。

どんな軽い運動だよ?w

と思っていたら、シンクが実体化させたのはフリスビー。
おい、待てw
まさかそれをどうしようと言うのだ、シンク。

「これを僕が放り投げますから姫様はそれを取ってきて欲しいんです」
参考資料
おい、こらw

「姫様、GO!」

ちょw
完全に飼い犬扱いワロタwwwww
姫様の調教は順調な様だな、シンク。

すっかりパラディオンを使いこなしているシンクだが、本来の剣の姿、神剣パラディオンに出来る気はあまりしないと言う。ミルヒオーレも持ってるがこれまた未だに聖剣エクセリードにした事は無いと言う。こう言う対の宝剣は他国にもあってガレット獅子団領には魔旋風グランベールと神剣エクスマキナがあるとの事。

城に戻ってみると、緊急地震速報が臨時ニュースが。

ガレット獅子団領レオンミシェリ閣下がビスコッティ共和国に宣戦布告が出されたのだ。今度の興行は賞金も多くして派手にすると言う。その代わりガレット獅子団領は国家間の勝利懸賞としてガレットの宝剣を出すとの事。ビスコッティ共和国はこの戦いを受けるならこれに相応しい勝利懸賞を出せと。
参考資料

ビスコッティ共和国の首脳は大いに悩む。盛り上がってしまった民衆の期待は裏切れない。しかし、よりにもよって国家の宝剣を懸賞にするとは。勝利国に貸し出している間に何をされるか保証されていない。

それにしてもこんなに興行が立て続けでも民衆は盛り上がるのか?
一瞬先の戦いから何ヶ月か経ったのかなと思ったが、シンクの滞在期限目標はもっとずっと短いので、見た目どおり長くても数日しか経ってないんだろう。

ビスコッティ共和国側はこれを受ける事にした。
バルコニーからミルヒオーレ姫殿下の演説。

「こーんにーちわー」
参考資料
をいw
私はてっきり「朕、茲ニ汝有衆ニ示ス」って言うのかと思ったよ。

前回の星詠みでレオンがミルヒオーレとシンクの死を見たと言うのと、今回のアメリタが話してくれた「半年前にいきなりレオンはミルヒオーレを気遣い、そして三ヶ月前からいきなり戦争をしかけて来る様になった」と言う話から、今回の戦争もビスコッティ共和国の宝剣を勝利懸賞として奪う事で未来を変えようとしているのかもしれない。ただ、もし勝ったとして宝剣の扱いがレオンの目論見どおり行くかどうか。

|

« Aチャンネル・第6話 | Start | 花咲くいろは・第7話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/51678564

Folgende Weblogs beziehen sich auf DOG DAYS・第7話:

« Aチャンネル・第6話 | Start | 花咲くいろは・第7話 »