« Aチャンネル・第7話 | Start | 花咲くいろは・第8話 »

DOG DAYS・第8話

いよいよ開戦。沸き立つ民衆。
まるで欧州大戦の開戦を知った民衆の様に
あの時も民衆は沸きに沸いたよね。その後の戦争の行く末があんな事になるとも知らずに。

出撃前にミルヒオーレとリコッタがこそこそ話していた作戦、葉っぱを二枚取り出したのでまさかなあとは思ったらやっぱりそうだったw
参考資料

ビスコッティ共和国軍2万、ガレット獅子団領軍2万3千、あんな小さそうな国が動員する兵力としては随分多い。ところで戦闘に動員出来る兵力って何か取り決めがあるんだろうか。フロニャルドでの戦闘の仕方を見てると、多ければ多い程有利でいっその事相手方の倍とか3倍にしたら大体は勝てるんじゃないのか。何しろ布陣が実況中継されるし。

進軍中にジェノワーズが不吉な会話を。今度のフィールドは守護力の薄い場所がありそうだと。魔物が出るかも知れないと言う。守護力が弱いと怪我からも守られないんじゃなかったか。悪いアクシデントに誰か遭遇しそうだな。

今回、レオン閣下の悪い星詠みの話が漸くはっきりと語られ、パラディオンとエクセリードの所有者が死ぬ未来を変える為に何としてもミルヒオーレとシンクの手からその二つのを引き離そうと言うのが目的だと言う。バナードとビオレに話しちゃった訳だが、この二人に話せるならミルヒオーレに話して何とかする訳にいかんのかね。

ビスコッティ側の作戦はシンクとエクレールが戦場を突破して敵の本陣を突くものだったが、レオンの目的はパラディオンとエクセリードを奪う事なのでパラディオンを持つシンクが標的にされる。拠点確保の間はそうは狙われない筈だったシンクが集中的に狙われる事になったので作戦がままならないが、そのまま続行だそうだ。うまく行かなかった時の代替案が無い作戦は賢くないなあ。

また逆にガレット側はミルヒオーレの戦陣をビオレを隊長にした近衛戦士団が急襲。これまたレオンがエクセリードの確保を優先した為だが、ミルヒオーレはレオンのおかしな様子を感じ取ってリコッタと入れ替わっていた。

ビスコッティのメイド隊、強すぎだろw
参考資料
参考資料

ビオレは先にレオンから本当の目的を知らされていたのでここからレオンの意図が漏れそうだが、前線のミルヒオーレにそれは伝えられるのかな。

シンクの携帯に電話するとか?w

|

« Aチャンネル・第7話 | Start | 花咲くいろは・第8話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/51739935

Folgende Weblogs beziehen sich auf DOG DAYS・第8話:

« Aチャンネル・第7話 | Start | 花咲くいろは・第8話 »