« Aチャンネル・第8話 | Start | 花咲くいろは・第9話 »

DOG DAYS・第9話

戦闘回かと思ったら前半はサービス回だったでござる(byユキカゼ)
参考資料
参考資料
リコッタ、「ほえー」ってそれはビオレの専売特許だw

戦闘と言っても興行なので部隊の侵攻を巧みに行って敵本陣を突くとかそう言う訳ではない。なんと言っても実況中継で部隊の位置が放送されているし、騎士隊長達は一騎打ちをやったりするし。その様な戦闘中にリコッタはハーランに乗ってミルヒオーレの所に飛ぼうとしてジェノワーズのベールの弓に撃墜されそうになって服を吹っ飛ばされる。そのベールもビスコッティの兵の槍によって剥き剥きに。

「ジェノワーズ弓兵隊、撃破!」
参考資料
誰だか知らないが、お前は今回の戦闘の最大の功労者の一人だw

グラナ浮遊砦に迫るシンク・エクレール・ミルヒオーレ。実況中継によって防衛陣に特選装備部隊が居る事がばらされる(これはひどいw)。しかし迫撃弾をシンクが撃ち返してその勢いで防衛陣を突破。

その頃レオンはまたも星詠みで未来を見ていたが今回の映像には血だまりの中に倒れるミルヒオーレとその側に立つ自分が。しかも場所は今居るグラナ浮遊砦の天空武闘台。この星詠みを避けるべくレオンはシンクとエクレールに2対1の勝負を受けるから上がって来いと言うが、

なんと言う事でしょう!
参考資料
参考資料

上がってきたのはミルヒオーレ。レオンが宝剣を賭けて戦うのならそれに釣り合うのは同じく領主の自分が宝剣で相対する事だと。

レオン閣下の計略は完全に裏目。この事態こそあの星詠みで見た場面ではないか。ルージュが気を利かせてレオンとの対決前に強引な事をしてでもパラディオンとエクセリードを奪おうとするが、それも失敗。

その頃天候が急変してグラナ浮遊砦付近は落雷の危険性が出てきた為に戦闘員は待避を始めたが、ここに来て何度も言われてきた魔物、しかもとびきり強大なヤツが上空から出現して来た。やはり惨劇は(起きるとしたら)魔物のもたらすものだったか。レオンの星詠みによる回避は逆にそのステージを用意してしまった事になる。

合わせて勇者様も天空武闘台に向かってよじ登ってるしね。
あんなのが「登れそう」とかあっさり言っちゃうのがやっぱりアスレチックが得意なシンクの本領発揮だな。


ところであの魔物がラスボスなら、意味深に配置されたレベッカとか、シンクの従姉妹とかはこのまま放置になるのかな。

|

« Aチャンネル・第8話 | Start | 花咲くいろは・第9話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/51801175

Folgende Weblogs beziehen sich auf DOG DAYS・第9話:

« Aチャンネル・第8話 | Start | 花咲くいろは・第9話 »