« 放浪息子・第11話・最終回 | Start | とある魔術の禁書目録II・第24話・最終回 »

IS <インフィニット・ストラトス>・第12話・最終回

何故か一夏があっさり復帰しちゃった。あの三途の川みたいな世界で「力が欲しいか?」「欲しけりゃやるぞ」で戻って来たみたいだ。あの世界の二人は何の象徴だったのだろう。剣を持って立てていた方が百式か?じゃあ女の子は?
参考資料
参考資料

そう言う百式の謎の生体治癒の能力で怪我がすっかり治った一夏が箒達に参戦。そしてあの第1話冒頭の戦闘シーンへ繋がる。

福音、何でこんなに強いの?これじゃ第三世代型じゃなくて第五世代型じゃん。しかもエネルギーが尽きないし。

とは言え、6人がかりの攻撃にさしもの福音も遂に一夏に仕留められる。仮設基地となった宿に戻って叱られる6人だが、作戦そのものは成功したし全員無事だった事で織斑教官は山田教官のとりなしで6人に休みを取らせる。

あれ?戻った時は明るかった(と言うか、戦闘時は朝焼けで、帰った時は朝に見えた)のにもう夕食?
参考資料
ラウラ、それをナイフとフォークで食べるのか。皿が合ってないだろ。

千冬は束に今回の事件を仕組んだのは束じゃないのかとかまをかけてみる。束の反応はそうだと言う意味だろう。すると束が仕組んだから福音はあんなに強かったのか?

その一方で百式は別格だった。生体治癒能力のあるISなんてと言っていた。あの一夏の見た少女はその製作者なんだろうか。

夜の海に出て佇む一夏。そして後を追う様に箒が。いや、どう見てもつけて来たな箒。二人だけの海辺であててんのよからしっぽりに移行しそうな場面で残りの4人がISで乱入。鈴「よし、殺そう」って言ってみんなで追いかけて、それで終わりかい!
参考資料

こんな終わり方でいいのか?
大丈夫だ問題ない。

二期があるから。


とかならんのかね?w

IS<インフィニット・ストラトス>は、いわゆるキャッキャウフフな時期が非常に良かったと思う。終盤の繋がり方はちょっと微妙な点もあったが、上述の様な「二期あります」なら許されるんだが。

|

« 放浪息子・第11話・最終回 | Start | とある魔術の禁書目録II・第24話・最終回 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/51274047

Folgende Weblogs beziehen sich auf IS <インフィニット・ストラトス>・第12話・最終回:

« 放浪息子・第11話・最終回 | Start | とある魔術の禁書目録II・第24話・最終回 »